パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

ロシアや韓国経由での電力輸入は実現できるか」記事へのコメント

  • by Anonymous Coward on 2018年06月14日 9時03分 (#3424924)

    「ロシアのサハリンと北海道を結ぶには160キロ余り、韓国南部のプサン(釜山)と九州を結ぶには220キロ」
    「建設費用は2000億円から6000億円」

    ヨーロッパでの事例によると、建設コストは去年の段階で大凡20万円/MW・Km9 http://www.itmedia.co.jp/smartjapan/articles/1705/29/news025_2.html [itmedia.co.jp] )とのこと。
    そうすると送電量は、少ない見積で450万kW(九-プ 2000億)、多い見積で1800万kW(サ-北 6000億)。

    火発換算で1-4箇所分くらい。500万kW火発が1兆円くらいらしいので、だいたい1/5位。
    コストとしては、これが国外の発電所の建設費に追加でかかる、ということになる。

    ほんとに電気代の差でペイできるの?
    発電コスト自体はどの国だろうと大して変わらんと思うんだけど。産油国とかならともかく。

    • by Anonymous Coward

      超伝導送電を前提にしているので、参照している事例とはちょっと違うかと

海軍に入るくらいなら海賊になった方がいい -- Steven Paul Jobs

処理中...