パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

大阪府北部でM5.9の地震が発生、震度6弱が観測される」記事へのコメント

  • http://www3.nhk.or.jp/news/html/20180618/k10011483391000.html [nhk.or.jp]
    万一の備えの出番が来たと思ったら使えませんでしたって、こわい・・・

    • by Anonymous Coward on 2018年06月18日 14時26分 (#3427395)

      データセンターもそうだけど、非常用電源が地下にあるのはダメだぞ。
      設計段階でのシミュレーション不足としか思えん。

      福島第一も電源設備が水没さえしなければ、っていうのがある。
      あれは津波だったから手の打ちようがないとしても、
      やっぱりその後の有形無形の損害を考えると素直に悔しい。

      親コメント
      • by Anonymous Coward on 2018年06月18日 15時04分 (#3427422)

        福島第一の非常用発電機はなんで地下にあったか、というのもセットで書かないと。

        あれはハリケーンによって建屋ごと飛ばされて電源喪失することを防ぐために、地下に置かれたんだよ。
        元々の設計が氾濫のない北米大陸の川沿いを想定していて、絶対に飛ばされないためには屋上など論外だった。
        福島はハリケーンなどあり得ない日本の太平洋岸だったから、絶対に水没しないためには地下など論外だったわけだが、
        万一を考えて北米と同一仕様で建造した後、追加で屋上にも設置するという決断がなかったことが喪失につながった。

        なぜ追加の安全策が取れなかったのか、という見地が必要じゃないだろうか。

        親コメント
        • by Anonymous Coward on 2018年06月18日 15時50分 (#3427461)

          ハリケーンはなくても地上だからこその危険はありそうだし、通常+予備地上+予備地下の三重が正しいのではないだろうか

          親コメント
        • by Anonymous Coward on 2018年06月18日 20時35分 (#3427664)

          安易に輸入した結果じゃないか。
          それが何の意味を持ってるかも検討せずにただ持ってきた故。

          親コメント
          • by Anonymous Coward

            本国では水没対策されてたけど、東電がケチっただけ

          • by Anonymous Coward

            検討しなかったのか、検討しても実現できなかったのかはどちらもあり得ると思う。
            こういう売り手側が強い製品だと、買い手側が仕様変更したくても認められないこともあるからね。
            軍事用なんかは特にそう。
            原発は軍事と民事では軍事に近い性格じゃないかな。

        • by Anonymous Coward

          > 福島はハリケーンなどあり得ない日本の太平洋岸だったから、絶対に水没しないためには地下など論外だったわけだが、

          いやいや、同じトロピカル・サイクロンである台風は毎年来るんですから、「ハリケーンなどあり得ない」というのは言いすぎかと。
          「建屋ごと飛ばされて」というのは、もう一つの懸念点である竜巻の方じゃないですか?(こっちが「あり得ない」というのは、言い分としてはわからなくもない)

          • by Anonymous Coward on 2018年06月18日 23時06分 (#3427746)

            日本に来る「ハリケーンなどあり得ない」。
            なぜなら日本に来る熱帯性低気圧を「ハリケーン」と呼ばないからだ。

            # 太平洋北中部や太平洋北東部で発生した熱帯低気圧がトロピカル・ストーム以上の強度で180度以西に到達した場合は台風となる(Wikipediaハリケーンより抜粋)。

            親コメント
        • by Anonymous Coward

          それ以前に用地自体が元より下げられたってのが…

          • by Anonymous Coward

            それもGEの標準工法通りにしたからじゃなかったっけ
            標準工法通りじゃないと許可が出ないが標準工法は標準なのでその場その場に最適なわけではないんだなぁ
            と言って現地で簡単に変えられるのも確かに困るわけで

        • by Anonymous Coward

           間もなく捨てるから、非常用電源の位置を変えるなんてもったいないという、いかにも日本的な事情もあるぞ。
          ただし、需要の伸びが想定外で、捨てられなくなっててこういう事態を招いたわけだが。

           ちなみに、日本が攻められた時に、防御フィールドを張る為に残したわけではない…と思いたい。

        • by Anonymous Coward

          つじつま合わせw > 万一を考えて北米と同一仕様で建造した

      • by Anonymous Coward on 2018年06月18日 18時44分 (#3427595)

        数年前に送電線が切断されて2日間ほど管内全域の電気の送電が止まったことがあるのだが、災害拠点病院になるために奮発してつけた非常用電源が2機とも定期点検・整備に入っていたせいで全く使い物にならず、開設当初からあった小さな自家発電だけで凌ぐ羽目になった。本来ならそういう状況でも問題ないようにしていたはずなのに、外来・検査を制限しないといけないし、手術も全部中止・延期になるし、すべてが紙ベースでの運用になって混乱し始めるし、病棟では患者が騒ぎ始めたりと大混乱だったな。幸い全電源喪失ではなく細々と最低限の診療はできたので新聞沙汰にはなっていないがあの時はひどかった。

        ちなみにこの時は家に帰っても電源落ちてて寒いし何もできないからと大半の職員が家族を連れて病院にお泊まりしてたな。

        当時関係者だったのでAC

        親コメント

「毎々お世話になっております。仕様書を頂きたく。」「拝承」 -- ある会社の日常

処理中...