パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

米調査、ニュースの記述で事実と意見を確実に判別できた人は3割前後」記事へのコメント

  • 事実と意見を区別することも大切だけど。
    事実だって「何を書くか、何を書かないか」の取捨選択で、容易にバイアスをかけられるし。
    かといって、個々のメディアが、「どれくらい意図的にバイアスがかかるよう取捨選択されているか」なんて、定量化できることじゃないもん。

    中立性なんて数値化も保証もできないから、事実と意見の混在があるなしは問題の根幹じゃなくて、「報道において恣意的な要素が混入しうる」ことを受け手が理解して、その上で付き合っていかなきゃだめだと思う。

    • by Anonymous Coward

      ここで言う事実の意味が分かんなくなって、他の問題に突っ走ってくヤツもいるしな
      難しいよ

      > 内容が正しいかどうかにかかわらず客観的に確認できる場合は「事実」

      • by Anonymous Coward

        これってWikipediaが長年(ひょっとしたら開始以来ずっと)抱えてる問題でもあるんだよな

        • by Anonymous Coward

          事実は真実のサブセットですよ。真実の内正しいと確認できた・証明できたものが事実。少なくとも正しいと合意が取れたものが事実かな。だからといって証明できないが真実だなんて言うと危ない人(これは事実なのだろうかそれとも真実なのだろうかそれとも意見なのだろうか)なんだけど。
          だから正しいと証明できないが実際には正しいこともある。
          あまりいい喩えだとは思わないが一つ挙げるとしよう。市川海老蔵の嫁が死んで市川海老蔵の言動が丸くなった・大人しくなったのはおそらく事実で真実。マスコミや世間の市川海老蔵に対する目が変わったのもたぶん事実

          • by Anonymous Coward

            「真実とは何か」を書いたのは本多勝一
            彼も晩節を大いに汚しまくっているが、「真実」って定義できないから意味がない、ってのは同意できるかな
            #英語等の外国語には「真実」に相当する言葉がない、ってのはあんまり意味がない根拠だけどね

            • by Anonymous Coward

              6/24の毎日新聞で長谷川真理子が二分法について書いていたし書評欄でもファクトチェックの本が紹介されていたけど、
              ファクトチェック自体が事実/嘘の二分法に陥りがちだし、実際陥っているとしかいいようがないケースもよく見かけるんだよ
              ストーリーの調査は記述そのものが事実か意見かはっきりしないものがあると慎重だが、残念ながらこの慎重さを広く求めることはできない(これは事実か意見か?)

アレゲは一日にしてならず -- アレゲ見習い

処理中...