パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

職能発明者にたいする「相応の対価」廃止、検討中」記事へのコメント

  • 外部向けのものも含め、自分の作成した資料のコピーライト表記は会社でなく個人にしています。
    • 会社の勤務時間内に作成した資料の場合は、会社に権利が有るのではないでしょうか?
      そうでない場合は勤務時間内に私物作成していたとなるのでは?

      #自分は法曹家でもないし法知識も無いのでAC
      • 会社のために作成した資料の著作権は、いかなるときも自動的に会社のものとなる訳ではないでしょう。

        各会社の慣用によっては、
        資料の著作権は、作成者にあって、
        その使用権のみが会社にあるということも可能でしょう。

        例えば、業務上発表した学会論文なんかを考えてください。
        研究職としては、転職したら、前職での自論文が使えなくなると大変困ります。
        親コメント
        • 厳密にはちがいます。契約次第です。
          ただ、論文ならばその個人が業績をあげたことが判ればよいのだから、
          ドキュメント自体の権利ははっきり言ってどうでもよいでしょう。
          さらに言うと、業績をあげるために法人の資産(金、設備など)を使用しているので、
          個人が権利を有すると考えるのは業務上横領とみなされてもしかたないでしょうね。

          # みんな、一度くらいは著作権法を読もうよ。
          著作権法
          (職務上作成する著作物の著作者)
          第十五条
          法人その他使用者(以下この条において「法人等」という。)の発意に基づきその法人等の業務に従事する者が職務上作成する著作物(プログラムの著作物を除く。)で、その法人等が自己の著作の名義の下に公表するものの著作者は、その作成の時における契約、勤務規則その他に別段の定めがない限り、その法人等とする。 2 法人等の発意に基づきその法人等の業務に従事する者が職務上作成するプログラムの著作物の著作者は、その作成の時における契約、勤務規則その他に別段の定めがない限り、その法人等とする。
          親コメント
          • # みんな、一度くらいは著作権法を読もうよ。

            そうですね。ちゃんと読むべきですね。「契約次第」では不十分です。

            著作権法
            (職務上作成する著作物の著作者)
            第十五条
            法人その他使用者(以下この条において「法人等」という。)の発意に基づき その法人等の業務に従事する者が職務上作成する著作物(プログラム> の著作物を除く。)で、その法人等が自己の著作の名義の下に公表するものの著作者は 、その作成の時における契約、勤務規則その他に別段の定めがない限り、その法人等とする。 2 法人等の発意に基づき

        • 例えば、業務上発表した学会論文なんかを考えてください。

          ふつうカメラレディを提出する前に著作権委譲のフォームに署名して提出してると思うんですが。

          研究職としては、転職したら、前職での自論文が使えなくなると大変困ります。

          「使う」の

計算機科学者とは、壊れていないものを修理する人々のことである

処理中...