パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

学校が生徒児童の読書傾向を把握し管理するという話に批判が集まる」記事へのコメント

  • たまに古本とか、昭和から何十年もそのままになってる本で見つかるけど、あれはプライバシー侵害じゃないのか。
    プライバシーより本を借りた責任の意味で書いてるだけど。

    • by Anonymous Coward on 2018年07月03日 18時44分 (#3436602)

      関連ストーリーにありますよ。
      日本図書館協会、村上春樹の名前が書かれた「貸し出しカード」を掲載した神戸新聞に「プライバシ侵害」と指摘 [yro.srad.jp]

      ジブリの「耳をすませば」に関しても図書館協会が抗議 [wikipedia.org]しています。

      親コメント
      • by Anonymous Coward

        耳をすませばって昭和50ー60年ゴロの年代設定の話だと思ってたわ。
        今は図書カードなんてないのは知ってたが、俺が子供の頃なんて図書カード方式だったから、
        その年代なんだろうなと。

        その年代で当たり前だった事をいまの常識で文句言うってなんだかなぁ。
        そのうち時代劇の侍に銃刀法違反とでも文句使始めそうだ

        • by Anonymous Coward
          >映画版における時代設定は1994年であることが、作中におけるカレンダーなどの描写からわかるが、1967年末時点でニューアーク方式を導入した東京都の公立図書館は60館中9館であった。また、ニューアーク方式を導入していた館でも、多くが(作中のように名前を書かせるのではなく)登録番号を書かせる方式のものだった。

          その年代でも当たり前ではなかった
          • 多分、https://srad.jp/comment/3436994も、あなたも耳をすませばの内容を勘違いしている。
            https://srad.jp/comment/3436898 [srad.jp]も耳を澄ませばのカードも、公立図書館の方式の話じゃないぞ。

            しずくとせいじが本を借りていて図書カードで名前を知っていたのは中学校の「学校図書館」
            なので当時でもカード方式が主流。
            #だから本を借りてすぐ学校の校庭で出会ってるし、同級生と歌を歌っている。

            しずくの父親が外部の公立図書館に勤めていて、そこに行くシーンもあるから混同しやすいがね。

            親コメント
        • by Anonymous Coward
          日本の公共図書館では、1960年代半ばにはニューアーク方式からブラウン方式への切り替えが進んでいったそうなので、その年代で当たり前だったという歴史的事実はありません。
          学校図書館では簡便さとそれこそ今回のように指導に役立てるためにニューアーク方式が長く使われたそうなので、学校図書館が唯一の図書館経験であった人にとっては他の方式を知らないということはあるかもしれません。
          もしくは原作者は栃木県出身だそうなので、群馬との抗争に忙しくて図書館の改善までは手が回っていなかった可能性はありますが、栃木の歴史には詳しくありません。
    • 侵害なので最近の図書館にはそんなはのありません
      ドラマ等でそういう描写があるたびに図書館協会も抗議しています
      親コメント
      • おっさんはあれちょっと懐かしいな。
        自分が最初の借り手だとなんか嬉しいよね。

        親コメント
        • by Anonymous Coward

          図書館の本に貼り付けてある紙には、受付で日付のスタンプを押してたけど、
          名前は書かなかったな。
          いつ頃の話なんだろう。

          • by Anonymous Coward

            30年前までの学校図書館は、「借りた人の名前」を書くカードを挟んでいた。
            公立図書館や大学図書館は、その頃にはすでに日付だけか、あるいはそのたぐいの情報を本自体に記さないようになっていたはず。

            • by Anonymous Coward

              いま三十代半ばだけど俺が小/中学生の頃の学校図書館は名前カードだったから
              30年前といわず20年ちょっとくらい前もそうだったはず
              公立図書館は遠すぎて行ったことないのでわからん

              # チャリで1時間半

        • by Anonymous Coward

          若い人には謎のネタだったのか。
          http://f.hatena.ne.jp/gryphon/20130714073331 [hatena.ne.jp]

          推理トリックのネタだと修正入れるわけにもいかんしな。
          #ガラケーも持ってなかったコナン君も、今では立派にスマホデビューしたそうです。

      • by Anonymous Coward

        ジブリの映画でそういう描写なかったか
        抗議してるの?

        • 宣言は1957年採択で1979年改訂らしいけど、
          抗議声明等の対外的な活動はいつから始まったかといった
          細かいことをご存知の方がいたら知りたい。

          空の色ににている [ndl.go.jp]』という雑誌掲載が1980年、単行本発刊が1981年の
          マンガに学校図書館で知人の読書歴を追いかけていたと知る登場人物の描写あり。
          でも当時問題視されていたという話は聞かない。マイナー作品だから?

          親コメント
        • by Anonymous Coward

          抗議してる。
          図書館の自由の重要性は理解しているが、フィクション世界の出来事に抗議するというのは馬鹿げている。
          名誉毀損とか営業妨害とかの実害があるなら別として、
          現実と違うというだけで抗議の対象にされ続けるのは、表現の自由を毀損しかねないと思う。

          そもそも、学校図書館だと80年代までは普通にあった方式だし、
          作者の子供時代は公共図書館でも方式変更の過渡期。(大抵は利用者番号のみ記載だが、貸出履歴がばればれなのは同じ)
          作品の構想時期を考えると特別おかしな表現ではない。

          • by Anonymous Coward

            抗議するほうは、本気でそういう表現がまずいと思っているわけじゃなくて
            啓蒙活動の一環としてやってる部分がほとんどじゃない?
            #「物語の中ではこういうことやってるけど、ほんとはやっちゃいけないんですよ~」っていう。
            #そのやり方が正しいかどうかはわからん。

            だから制作側はそれで萎縮する必要はないと思う。

    • そういやドラマ「相棒」も、これで永久欠番回が出た騒ぎになってたな https://www.jla.or.jp/portals/0/html/jiyu/yousei.html [jla.or.jp]
      親コメント
    • by Anonymous Coward

      貸出カードに書かれた情報なんて公共に提出した情報であってプライバシー情報にあたらないと思ってましたね
      あれをプライバシー情報だといいだしてびっくりした

一つのことを行い、またそれをうまくやるプログラムを書け -- Malcolm Douglas McIlroy

処理中...