パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

学校が生徒児童の読書傾向を把握し管理するという話に批判が集まる」記事へのコメント

  • 「読者が何を読むかはその人のプライバシーに属することであり、図書館は、利用者の読書事実を外部に漏らさない。」という『図書館の自由に関する宣言 [jla.or.jp]』に反している。

    そもそも読書傾向について「偏っている」という絶対的評価は不可能であり、各児童個人によって読書傾向が違うのは当たり前である。それを是正するだなんて大きなお世話だ。

    • by Anonymous Coward

      この学校が日本図書館協会に加入していれば問題ですが、非加入なら全く関係ないのでは?

      • by Anonymous Coward on 2018年07月03日 18時14分 (#3436578)
        むしろ加入していたって全く問題ありませんよ
        宣言や綱領は法律ではないんで守る義務なんかありませんし、守らないからといって協会から罰せられることもありません
        ただ単に、この図書館が図書館員に求められる一般的な倫理を欠いた人間によって運営されているというだけです
        親コメント
        • by Anonymous Coward
          まあそりゃ学校図書館に図書館員はおらんからね。
        • by Anonymous Coward

          憲法の主旨との整合性はどうですか?

Stay hungry, Stay foolish. -- Steven Paul Jobs

処理中...