パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

Facebook、アメリカ合衆国独立宣言をヘイトスピーチと間違えてブロック」記事へのコメント

  • 「大きな森の小さな家(原題:Little House in the Big Woods, 1932)」は、ローラ・インガルス・ワイルダーよる小説シリーズ。児童書。
    作者の半自叙伝でもあり、西部開拓時代のアメリカを舞台にしており、NBC『大草原の小さな家(Little House on the Prairie)』としてテレビシリーズ化、
    日本でもNHKで放送され大人気となった。

    作中当時の欧米は白人至上主義が宗教政治ともに確立し、ネイティブアメリカンが動物以下の扱いであり、列強は奴隷制度最盛期を迎え、
    アメリカ大陸の開拓民もゴールドラッシュと大規模な奴隷制度による苛烈な荘園運営に乗り出し列強へ肩を並べ始めた

    • by Anonymous Coward

      同じ理由で、今は市民が大名や将軍へ土下座するシーンは新規にテレビで撮れないとか。
      なので軽くお辞儀だけしたり、膝をつくだけの叙勲風にするそうです。

      • 大名行列で「下に下に」と言ったのは将軍家と御三家のみ。土下座も将軍や御三家当主の乗った籠が通る時だけで良かった。他の大名の掛け声は「片寄れ片寄れ」とか「避けい避けい」とかで、通行人は脇に避けるだけで良かった。むしろ大名行列は庶民の娯楽で、見物にみんな集まった。単に時代考証が正確になっただけです。

        親コメント

UNIXはシンプルである。必要なのはそのシンプルさを理解する素質だけである -- Dennis Ritchie

処理中...