パスワードを忘れた? アカウント作成

大日本印刷、人工知能技術を使った漫画のデジタル着色サービスを商用化へ」記事へのコメント

  • 大日本印刷が開発したシステムはコマの内容から自動的に着色が行えるというもので、その後人間による細かい修正を加えて仕上げるというものだそうだ。

    AI技術を謳いながら実際には人力で作業を行なっている企業は少なくない?
    https://srad.jp/story/18/07/10/0447252/ [srad.jp]

    • by Anonymous Coward

      かなり前から、漫画の着色を専門に請け負う会社、職人さん結構いるのよね。 内職でやったりとか形態はいろいろ [froma.com]だけど、それこそケータイ漫画の頃からある。その一部分をAIで補助するようになったと言う事だから、たぶんいくつかある着色請

      • 機械的にできる部分ってありそうだから、そういう下処理が「AI対応」なんでしょうね。

        空は「青」林檎は「赤」みたいなの。
        たぶん条件設定やらイロイロあって、もっと複雑なんでしょうけど。

        今は紙にペンじゃなくてPCとかで作画している作家さんもいるだろうから、最初から色付き作品になってしまうとこちらの需要は先細りになるのかな。

        • by Anonymous Coward on 2018年07月11日 15時08分 (#3441425)

          > 空は「青」林檎は「赤」みたいなの。

          例えば「ジョジョの奇妙な冒険」のカラーページはこういう常識にとらわれないものすごい色使いで(空がどピンクになってたりとか)、それが絵柄やポージングの独特さとマッチして強烈な個性になってたりしますが、AIだとやっぱりそういう個性を消した無難な感じになっちゃうんですかね。
          作者自身の描いたカラーページで学習させるとその色使いを再現、まで行ってたら凄いことですが。

普通のやつらの下を行け -- バッドノウハウ専門家

処理中...