パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

けん玉ワールドカップをちょっとだけ見た」記事へのコメント

  • by Anonymous Coward on 2018年07月25日 1時28分 (#3448617)

    一部を除く体操系やフィギュアスケートって、表現演技としてのカッコよさ、美しさってのが求められるんで、
    それを損なう動作(失敗ってのはそういう理屈で決められてる)が減点になるんですな。

    んで、技の成功のみを競うのであれば、その採点方法は芸術というよりプログラミングや格闘技等「スキルそのものの競争」の方が近いんでないでしょうか
    #高度な技術を成功させること自体がカッコよかったり、有効打の多さが高評価になったり

    けん玉競技が芸術となるならば、じゃあその技をどう組み合わせて…のみならず、体全体の動きや姿勢や表情も加え、
    全体として何を表現するか(まあ要するにパフォーマンス)も重要になるので、
    その表現を損なう動作は「失敗」として減点対象になる、ような採点基準になるでしょうなぁ。

    • >けん玉競技が芸術となるならば、じゃあその技をどう組み合わせて…のみならず、体全体の動きや姿勢や表情も加え、
      >全体として何を表現するか(まあ要するにパフォーマンス)も重要になるので、
      >その表現を損なう動作は「失敗」として減点対象になる、ような採点基準になるでしょうなぁ。

       今回はそういうルールじゃなかったというだけで、演技全体の完成度を競うコンテスト的な奴もあります。
       近年のけん玉ブームはストリートパフォーマーが中心になって発展してきているので、本来はそっちの方がメインです。

      親コメント

Stableって古いって意味だっけ? -- Debian初級

処理中...