パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

2019年・2020年限定でサマータイム導入のための議員立法へ」記事へのコメント

  • 酷暑対策っていうなら普通に朝5時から競技開始をすればいいだけ。
    でもそうすると客も関係者もボランティアも来れない。
    鉄道会社に始発を今から2時間早めて朝3時台始発にしてもらうしかない。
    そのためにはカネがかかる。五輪組織委員会はJRや私鉄や地下鉄会社にカネを払わなくてはならない。
    でもカネを払うのはイヤだ!どうすれば?

    そこで『サマータイム』

    時計の針を2時間進めてもらえば始発は2時間早くなる!しかも一銭もカネを払わなくて済む!しかも酷暑対策ってことにすれば世論(アホなほうの半分くらい)も賛同してもらえそう。

    ・・・ってことでしょ。五輪組織委員会が儲けたい、利益を出したい、出費を減らしたいために日本人全員が早起きしなきゃならねえって法はねえだろ。

    • Re: (スコア:1, 興味深い)

      by Anonymous Coward

      鉄道会社に始発を今から2時間早めて朝3時台始発にしてもらうしかない。
      そのためにはカネがかかる。五輪組織委員会はJRや私鉄や地下鉄会社にカネを払わなくてはならない。

      むしろ、五輪のスタート時間だけ2時間早めるのは、朝の通勤ラッシュ時間帯にも被らないのでよいアイデアだと思うんだけど。カネを払う価値はあると思うんだがなあ。
      そして、時差を考えると朝5時スタートは、北米マイナス7時間なので、夜10ぐ

      • by Anonymous Coward on 2018年08月06日 18時53分 (#3456424)

        自己レス

        >北米マイナス7時間なので、夜10ぐらいになる。

        これ間違ってたわ。北米だと15時ぐらいになっちゃうみたい。
        一方で、ヨーロッパだと20時ぐらいになるので、どちらにしてもヨーロッパ向けにはちょうど良い

        親コメント
        • by Anonymous Coward

          そんなん言い出したらどこかの国は常にちょうどいいだろ。笑笑

          って思っちゃったから言っただけ。

最初のバージョンは常に打ち捨てられる。

処理中...