パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

2019年・2020年限定でサマータイム導入のための議員立法へ」記事へのコメント

  • 酷暑対策っていうなら普通に朝5時から競技開始をすればいいだけ。
    でもそうすると客も関係者もボランティアも来れない。
    鉄道会社に始発を今から2時間早めて朝3時台始発にしてもらうしかない。
    そのためにはカネがかかる。五輪組織委員会はJRや私鉄や地下鉄会社にカネを払わなくてはならない。
    でもカネを払うのはイヤだ!どうすれば?

    そこで『サマータイム』

    時計の針を2時間進めてもらえば始発は2時間早くなる!しかも一銭もカネを払わなくて済む!しかも酷暑対策ってことにすれば世論(アホなほうの半分くらい)も賛同してもらえそう。

    ・・・ってことでしょ。五輪組織委員会が儲けたい、利益を出したい、出費を減らしたいために日本人全員が早起きしなきゃならねえって法はねえだろ。

    • by Anonymous Coward

      交通機関によっては、「○時以前には運行しない」と住民と約束してるとこもあるんですよ。
      あと、時刻で決め打ちされた法律もかなりあります。
      その辺を改正することを考えると、サマータイムというのは確かに楽な解決法ではあります。

      • by Anonymous Coward on 2018年08月07日 10時58分 (#3456942)

        例えば,運用時間が23時までになっている成田空港ですが,2時間時計を早めると
        今の21時には発着ができなくなります。
        国際空港ですから,離陸側の枠は簡単には動かせないでしょう。

        その調整は楽にできるでしょうか?

        親コメント

ナニゲにアレゲなのは、ナニゲなアレゲ -- アレゲ研究家

処理中...