パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は、yasuoka (21275)によって ログインユーザだけとして作成されたが、今となっては 新たにコメントを付けることはできません。

日本の法令における「一日」と「二十四時間」」記事へのコメント

  • 日本は1948年に夏時刻を制定した事があるよね。
    そこ [wikisource.org]にはこうある。

    第三条 この法律の施行に関し、時間の計算に関する他の法律の規定の適用について必要な事項は、政令で、これを定める。

    これでよろしいんじゃないかと。

    あるいは変更適用(読替適用)という立法技術があって、列挙すれば何とでもなるかと。
    自然言語ベースで人間が動かすだけあってコンピューターシステムよりは柔軟。

    既存システ

    • えっと、その「夏時刻法」(昭和23年法律第29号)に関する政令って、私(安岡孝一)の知る限りでは「夏時刻終了の際における労働基準法の特例に関する政令」(昭和23年政令第280号)くらいしか出てなくて、少なくとも「戸籍法」(昭和22年法律第224号)ガラミの政令は、結局、出せなかったと記憶してます。まあ、そのあたり、かなり揉めたので、結局、中曽根康弘が「夏時刻法」廃止案を提出(昭和27年3月26日)することになったわけですけど。

      親コメント
      • 夏時刻法第3条の規定は、他の「法律」の例外を定める必要があれば「政令」で対応可能という委任規定であって、省令以下の例外については省令以下で対応可能だったと解します。 出生届は時分まで求めていますが戸籍に記載されるのは日までなので仕方ないとして、死亡については戸籍に時分まで記載されます。まぁ、実務上は死亡届・死亡診断書記載の内容をそのまま戸籍に記載するだけだったと思われ、昭和23年から26年までの夏時刻終了時に死亡した方の戸籍を調べても、重複した時分の記載をどう区別したのか、わからないような気がしますけど。
        親コメント

アレゲは一日にしてならず -- アレゲ研究家

処理中...