パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

キューバで発生した米大使館職員の健康被害、原因はマイクロ波?」記事へのコメント

  • >ただしこれは仮説にすぎず、裏付けとなる証拠はない。

    陰謀論かそうでないかの見分け方の最初の一歩は、
    「もしそれが事実なら、誰がなぜ、何のために、それを行ったのか」

    すべてとは言わないけれど、たいていの陰謀論は、この段階で馬脚をあらわす。

    .. せっかく国交が戻ったのに、たかが大使館員にこんなに遠回しな嫌がらせをして、誰が利益を生むのか?

    隣の部屋のエアコン室外機の低周波振動被害とかではないのかね?

    • by Anonymous Coward

      音響外傷なら、鼓膜穿孔や感音性難聴。
      低周波振動は、主に自律神経失調。

      マイクロ波障害は周波数次第。
      ≦150MHzなら、人体を透過するので影響なし
      150MHz~1GHzなら、水分子を振動させるので全身の体温上昇(熱中症など)
      1~3GHzなら、皮下深部まで届き、精子減少などをおこす
      3~10GHzなら、皮膚上部で吸収され、白内障などをおこす

      外からの攻撃って、あまりに効率悪いだろ。
      単に大使館内の通信アンテナのシールド不備とか、出力出しすぎとか、くだらない原因だったりして

      • by Anonymous Coward

        ここを読んでからもう一度投稿してね。

        https://ja.m.wikipedia.org/wiki/ [wikipedia.org]マイクロ波聴覚効果

        • by Anonymous Coward on 2018年09月06日 11時27分 (#3475123)

          失礼、iPadからだとなぜかリンクがうまく貼れないので、「マイクロ波聴覚効果 wikipedia」でググって読んで下さい。
          あなたが考えているのとはまるで違う原理を使えばはるかに低出力で人体を攻撃出来る。

          親コメント
          • by Nasubee (48221) on 2018年09月06日 13時10分 (#3475175) 日記

            初めて聞いた言葉だったので調べてみました。
            マイクロ波聴覚効果について論じた論文 [researchgate.net]も発見できました。

            上記論文では安全性についても「6.安全性」で論じておりますが、マイクロ波聴覚効果そのものは特に問題ない、と結論しています。

            親コメント
            • by nnnhhh (47970) on 2018年09月06日 14時21分 (#3475212) 日記

              しかしこれ前のトピック
              https://srad.jp/story/17/10/13/2033232/ [srad.jp]
              だと「職員が聞いたとされる騒音を録音したサンプル」があるんですよね
              この手の方法だと録音はできないような

              単に言葉のあやで録音ではなく再現した音なのかもしれないけど

              親コメント
            • by Anonymous Coward

              この人の論文を見ると、マイクロ波聴覚効果を使ったビジネスをしようとしている人のようなので(だから大学ではなく個人研究所を名乗っている)、安全性についてはもっと中立的な立場の人の見解が欲しいところです。

              • by Anonymous Coward

                マイクロ波聴覚効果を使ったビジネスをしようとしている人

                いえ、統合失調症患者の幻聴は自衛隊によるマイクロ波攻撃が原因だとかいうトンデモ説を展開している方だったかと。詳しくはpatentcomでググってみて下さい。

                もっとも、セミナー開いたり、裁判を起こすための資料を有料で作成するなどと言ったりしているようなので、逆の意味で "マイクロ波聴覚効果を使ったビジネス" をしようとしている人と言えなくもないのかもしれないけど。

弘法筆を選ばず、アレゲはキーボードを選ぶ -- アレゲ研究家

処理中...