パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

マイクロプラスチックの主要汚染源は化学繊維であり、洗濯機である」記事へのコメント

  • あちこちで戦犯探してるみたい

    海洋汚染で本当に脅威となっているのはプラスチックではなく「タバコのフィルター」
    https://gigazine.net/news/20180904-cigarette-butts-worse-plastic-straws/ [gigazine.net]

    もちろん浜辺に直接タバコの吸い殻を捨てる人もいますが、多くの場合は排水溝や河川などに捨てられたものが海まで流れることとなります。そんなポイ捨てされたタバコの吸い殻はフィルター部分が徐々に細かなマイクロプラスチックへと分解されていきます。このマイクロプラスチックが海の生物に大きな影響をもた

    • タバコのフィルターもありそうなはなしではあるが、
      マイクロプラスチックにタバコが占める割合にも触れず
      「大西洋・中深海水層に生息する魚の約4分の3の胃袋からマイクロプラスチックが検出された」
      とか印象操作感がぬぐえませんなぁ

      • このストーリー元記事でも「推定」しているだけで、生成元の特定はできてないんですよね。
        可能性のあるもの上げて、片っ端から潰していって減少できたら良いという段階なのかな。

        親コメント
        • by Anonymous Coward

          そういう段階なのは理解できるのですが、叩きやすいものから叩くという傾向に、ポリコレ棒的な気配があって、なんだかなぁと思う次第です。

開いた括弧は必ず閉じる -- あるプログラマー

処理中...