パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

トリチウム水の処分、海洋放出が現実的とされるも反対の声も」記事へのコメント

  • 「福島復興・廃炉推進に貢献する学協会連絡会」が放射性物質トリチウムを含んだ水の処分に関し「安全に排水できる。ため続けるには限界があり、その必要もない」との見解を取りまとめた。

    本当に安全なら排水していいよ。でもこれって「危険性を抑えて」って意味であって「安全」とは少し違うよね。
    そりゃ自然界にもトリチウムはあるし、生物濃縮も起きないらしいけど、ベータ崩壊起こす核種だし、細胞にベータ線当たったらそれなりに反応が起きる。排水濃度抑えたところで多量排水が安全だとは思えない。

    #ほかの原発でも排水しまくってるし、福一でも現実的にそうせざる得ないから排水するだろうな

    • by Anonymous Coward

      いや、本当に安全だよ。

      何より、太平洋の莫大な、本当に莫大な水ですぐに希釈される。
      岸壁からすぐに放流するのではなく、パイプラインで少し沖の潮流がある所で放出するか、タンカーで更に沖まで行って放出すれば、本当にあっという間に検出限界付近まで希釈される。

      これを危険だというならバナナは食えないよ。

      まぁ正直岸壁から放出してもすぐ希釈されるとは思うけど、おもわぬ所で滞留したりしかねないので、放出は沖でした方がいいね。
      ※滞留した所で危険な濃度にはなり得ない(濃縮することがあり得ないから)のだけど、印象が悪いからね。

      結局、安全vs安心、科学vs情緒、といういつもの対立構造っすよ。アホらしー。
      こんなしょーもないことに莫大な税金+電気料金かけないでくれ。日本にはそんな余裕、もう無い。。。

弘法筆を選ばず、アレゲはキーボードを選ぶ -- アレゲ研究家

処理中...