パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

自費出版した本は文学賞の候補に選ばれるべきではない?」記事へのコメント

  • by Anonymous Coward on 2018年09月25日 19時15分 (#3486606)

    現在日本の文学界では何かしら文学賞を取らないとスタートラインにも立てないそうだ。
    で、審査員が思想的にいくらか偏っているせいで、要は左翼で、それと異なる思想に基づく本は出せないと聞いた事がある。
    ただ普通に例外はある気がするけど。
    眉唾だけどある程度そういう傾向はあるはず。

    直近でも出版社に圧力を掛けて言論をつぶそうという動きもあるし、出版できないと文学も論評も「ネットの意見」というだけだという事にされかねない。
    俺たちを通さない本は文学賞を与えるなというのは彼らに民主主義国では政府でも不可能な検閲の権利を与える事に他ならない。
    さすがにおかしい。

    まぁ出版文学賞ってのがあってもいいと思うけどね。
    それは出版されてない本も公平に審査される文学賞があっての事。

    • 現在日本の文学界では何かしら文学賞を取らないとスタートラインにも立てないそうだ。
      で、審査員が思想的にいくらか偏っているせいで、要は左翼で、それと異なる思想に基づく本は出せないと聞いた事がある。
      ただ普通に例外はある気がするけど。
      眉唾だけどある程度そういう傾向はあるはず。

      なんつーか、どこから突っ込んでいいのか判らんくらいヘン。

      親コメント
      • by Anonymous Coward

        小林秀雄とか石原慎太郎とかはサヨクだったとか、平気で言い出すんじゃないですか

        • by Anonymous Coward

          小林秀雄とか石原慎太郎とかは、最初に賞をとる以前から
          ウヨク活動やウヨク的作品を書いていたと平気で言い張るんですかぁ?

      • by Anonymous Coward

        逆に右翼だったかもしれん。

    • by Anonymous Coward
      > 何かしら文学賞を取らないとスタートラインにも立てない
      そらそうだ
      漫画家でさえ雑誌の新人賞取らないと連載してもらえねぇだろ
      よほどのコネでもないと実績なしでいきなり本出させてもらえたりはしない

コンピュータは旧約聖書の神に似ている、規則は多く、慈悲は無い -- Joseph Campbell

処理中...