パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

自費出版した本は文学賞の候補に選ばれるべきではない?」記事へのコメント

  • by Anonymous Coward

    芥川賞はよく純文学誌に掲載された、未単行本化作品が受賞している。
    ゆくゆくはネットで発表された作品が受賞したりするのかな。

    • by Anonymous Coward

      > ネットで発表された作品が受賞したりするのかな
      芥川賞の選考方法は、

      1. 文藝春秋社々員からなる20名の選考委員による選考(対象は文芸誌や同人誌)
      2. 日本文学振興会の選んだ識者(文藝春秋社以外の出版社の編集者、作家を含む文化人など)350名宛てのアンケート結果

      で1次選考が行われるそうだから、ネット発表作品でも1次選考に上がる可能性はある。ただ、芥川賞と直木賞は出版社の大人の事情に左右されるから、発表媒体がネットのみだと厳しいかな。

      とはいえ、最近では編集者がネットから作品を拾ってきて、紙媒体で出版するルートがかなり整備されているから、こっちに乗るとネット発の作品でも選ばれる可能性はある。

      • by Anonymous Coward

        同人誌がありならネット小説もありだよなあ。
        受賞段階でネットしか流通してなくても、「史上初!芥川賞受賞ネット小説」ってだけで売れそうだから、ノミネート段階で出版社がツバつけるよね。

        • by Anonymous Coward

          人材発掘という点では、コミケが漫画の新人賞の代わりになっているように、ネット小説もラノベ・漫画原作の新人賞の代わりになって久しい。だからそれが純文学や大衆娯楽の方に行くまではもうすぐそこかもね。

          • by Anonymous Coward

            ネット小説が全世代的なマスになるにはもうちょっと世代交代を繰り返さないといけないと思う。
            大衆娯楽となるとまだ遠い気がする。

            純文学は誰か名の通った人が動けば、権威に流されるところがあるから割と早いかも。

皆さんもソースを読むときに、行と行の間を読むような気持ちで見てほしい -- あるハッカー

処理中...