パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

カメラ付き携帯で「デジタル万引き」」記事へのコメント

  • 何ら問題ないのでは? (スコア:0, フレームのもと)

    by Anonymous Coward on 2003年07月01日 6時09分 (#348967)
     雑誌記事を撮影する人は,そもそもその雑誌を買いはしないだろう.買うほどの価値もないけれど,覚えておきたいことなのだから.
     美術館もどうかと.著作権ってこの場合に問題になるの?わが国の美術館は撮影とか写生を厳しく制限しすぎ.
    • by Anonymous Coward on 2003年07月01日 6時54分 (#348979)
      本を買うということは、物理的な紙束ではなく、そこに記載されている情報に価値を見出して対価を払っているわけですよね。

      ソフトウェアを購入するときに、円盤にではなく収録されているソフトウェアにお金を払うように。

      人間の記憶力は乏しいので、立ち読みでは完全な情報のコピーを脳に残すことはできないので、紙というメディアに定着した情報が売れるわけです。

      それが、部分的にせよコピーして持ち出せるとなれば、現在の書店のスタイルを根本から考え直さなくてはいけなくなってきます。

      お金を払う意思は無い、でもあの情報は欲しい、そんなのは単なるワガママであり、撮影して持ち出すという行為は、書籍の情報を盗んだとしか言いようがありません。
      金が無いならあきらめるべきであり、あきらめきれないならお金を払うべきです。

      これと美術館の問題とは、本質的に異なるものだと思います。
      個人的には模写は認めても良いのではないかと考えています。
      著作権が著作者の利益と公共の利益の折り合いをつけるためにある概念だとするならば、後進の育成のためには、一流の絵画の模写は非常に有益であり、ひいては文化の発展につながると思えるからです。
      親コメント
      • by Anonymous Coward on 2003年07月01日 10時32分 (#349103)
        国立美術館の場合は特別観覧 [momat.go.jp]になるようですね
        模写だと一点/一日 2100円 撮影が一点4200円ですねぇ
        問題は手続きかな、申請に手間がかかると2100円でもつらいかなぁ

        この手の制度は一部美術館であるみたいですね
        親コメント
      • by Anonymous Coward on 2003年07月01日 7時15分 (#348984)
        父が書店をやっています。
        駅前なので客の出入りもあり、こういった客もごくたまに見ますが、
        単純に嫌ですね。多分に感情的な理由だと思いますが。
        他のお客さんはちゃんと買ってるのになぁ、とも思います。
        そういうお客は、ほぼ間違いなく女子学生か、オタクなひとです。

        絵画の多くもそうだと思いますが、書籍は情報が価値です。
        (そんなことはないでしょうが)これが横行するとすべての書籍に
        カバーがかけられることになるでしょう。漫画のように。

        この問題をつきつめて考えると、情報を売る商売は、広告から
        その一切の収入を得ることになってしまうのではないでしょうか。

        まぁ中には(私の父のように)本そのものに価値を見る人もいますが。
        親コメント
        • 「映画館の中でビデオ撮影しちゃいけないよ」の本屋バージョンかな。
          でも、そこまでして保存したい記事ってなんなんだろう。
          雑誌の記事なんて読み捨てるようなものがほとんどでしょ。

          > すべての書籍にカバーがかけられることになるでしょう。
          あるいは、書店の入り口で入場料を取るとか(^o^)
          • by Anonymous Coward on 2003年07月01日 9時13分 (#349041)
            >でも、そこまでして保存したい記事ってなんなんだろう。
            >雑誌の記事なんて読み捨てるようなものがほとんどでしょ。

            「読み」捨てている時点で、その記事(情報)に
            価値を見出しているのに気が付いていないのか…
            親コメント
            • 固有名称を出してなんですが、携帯電話のカメラで撮って意味があるのは、
              「ぴあ」の映画情報なんかではないでしょうか?映画の開始時間をチェック
              するためだけに、雑誌一冊もって歩くのは面倒だという人は多そうです。

              #デートのための下調べとか。

              とはいえ、本当は情報提供サービスでビジネスがあるはずなんですが、情報提
              供系コンテンツサービスって、儲かってないのでしょうか?

              #私も、駅ナビと天気予報しか使わないもんなぁ。
              親コメント
      • 美術館であれば、特に絵画の場合は、館内でカタログや絵葉書といった複製が
        (美術品そのものより)相当に安価に販売されます。あるいは画集とか。
        著作権が著作者の利益と公共の利益の折り合いをつけるためにある概念だとするならば、後進の育成のためには、一流の絵画の模写は非常に有益であり、ひいては文化の発展につながると思えるからです。

        もっともな意見ですが、私は美術館で撮影が許されたら萎えます。
        模写ならば、美術館や大学の単位で講座が開かれると思います。
        情報か文化的価値か?
        問題は対象の選択ではなくて、「文化・情報に対価を支払うのは当然」という感覚が身についていない人に、
        安易にコピーが取れるツールが行き渡ることなのではないかと。

        #国立美術館法、かっこ悪い
        親コメント
        • 絵画の場合、印刷物とオリジナルとはまったく別ものです。
          印刷では忠実に色が再現される訳ではないですし、筆跡など
          は論外です。

          模写の場合、オリジナルを見て模写することに意味があるのです。TPOさえわきまえることが出来れば、美術館での模写は寧ろ
          積極的に認めてあげて欲しいです。

          模写は時間がかかるものなので、大学はともかく美術館の講座
          などの制限された環境では難しいと思われます。
          親コメント
          • by Anonymous Coward
            でも、それって極小数の限られた人に膨大な時間占有されることになるから、
            あんまり積極的にならると、一般人にはろくに見ることすらできなくなりそうですが。

            まあ、公開している時以外ならいいんでしょうが、夜とかになるとそれはそれで保安とかコストの問題が出そうですね。
            って、だからTPOか。

            • by Anonymous Coward
              > 占有されることになるから、

              占有はされんです。
              休日の混雑状態では邪魔なのでとても無理ですが、
              平日は(特に有名な画家で無い限りは)他の客と折合いが付きます。

              最初に一通りの指導は必要でしょうね。
              一枚の絵に複数人張り付いたらマズイので。
            • by Anonymous Coward
              伝聞なんですが、ルーブルあたりだと結構模写してる人がいるみたいですね。
        • 逆にバシバシ撮ってくれ [trickart.com]っていう所もあります(笑)
          親コメント
      • 特に雑誌に顕著なのですが、読みたい特集記事にどうしようもない連載記事をつけて、セットでしか買うことができない、抱き合わせな商売が標準となっているという実感があります。
        結局、手元に長いこと置いておきたいと思うものが少なくなったからなのではないでしょうか。

        記事単位での購入ができる日はいつになるのでしょうか。

        トータルとして買う気が起きる雑誌って、僕にとっては BSD Magazine しかないんですよね・・・。
        # 正確にはMookだから雑誌じゃないですが・・・

        DDJ 復刊してほしいので ID.
        親コメント
        • >特に雑誌に顕著なのですが、読みたい特集記事にどうしようもない連載記事をつけて、
          >セットでしか買うことができない、抱き合わせな商売が標準となっているという実感があります。

          一般的な傾向はあるかも知れませんが、人それぞれ読みたい記事は違いますよね?
          あなたが「しょーもない」と思っている連載を楽しみにしてる人だっているかもしれませんし。

          そういう記事の一つ一つについて広告取って製本してたらかなりのコスト高になり、結局抱き合わせの方が安くなると思うんですけど、どうでしょうか?
          親コメント
          • 製本するからコスト高になるのであって,情報をデジタルのまま流通させるのが解決策では.
            現状はPDFくらいしか選択肢がない気がしますが,近い将来にデジタル紙とか電子インクとかが出てくると,話がだいぶ変わってくるように思えます.

            iTunes Music Store でも,曲は切り売りされています.
            これはデジタルデータだからこそできることであり,いちいちCDに焼いていたら大変なコストになるでしょう.
            それと同じかな,と.
            親コメント
        • 雑誌に限らず、ある一部分だけ必要、というニーズは
          確実にあるように思います。
          現に図書館のコピー機はそうした用途向けでしょうし。

          その部分だけ要求に合わせて製本する、というのは無理でしょうが、
          本屋でも使用料込みで1ページ数十円ぐらいでコピー可、
          となると結構便利かも。
          (もちろん撮影は禁止の前提で。)
          著作権がらみとか、障害は多そうですけど。

          「媒体」ではなく「情報」を売り買いする
          時代に確実に入っているんだなあ…と改めて実感。
          親コメント
      • > 個人的には模写は認めても良いのではないかと考えています。
        わかっている人が模写するぶんにはかまわないと思うんですけれどね。
        ルーブル美術館みたいに。
        ただ、「芸術家はOKだけど一般人は模写不可」って云うと、
        文句つける人間が出てきて、なし崩し的に一般の人も模写
        (もしくは写真撮影)OKってことになって、

        ・フラッシュたきまくりとか
        ・美術品を素手で触って写りのいい角度に移動するとか
        ・カメラで美術品の表面削るとか
        ・美術品の色が気に入らないとか云って上から塗るとか
        ・ついでに家に持って帰るとか

        する人間が出て美術品の公開自体不可になりそうなので反対。
        (彫刻作品によじ登るお子様を見たことがあるので)
        親コメント
      • 美術館の、いわゆる古典的な作品だけについて触れます。

        これと美術館の問題とは、本質的に異なるものだと思います。
        個人的には模写は認めても良いのではないかと考えています。
        著作権が著作者の利益と公共の利益の折り合いをつけるためにある概念だとするならば、後進の育成のためには、一流の絵画の模写は非常に有益であり、ひいては文化の発展につながると思えるからです。

        模写自体については同感です(「模写行為」が他の来館者に対して迷惑だ、という意見にも、会場によっては道理があると思います)。

        また、著作権法では保護の期間を定めていますので

    • キャリアに「雑誌や掲示板の文字もくっきり写る接写モード」とかついてるんだからそういうニーズがあるってことですよね。
      --

      - Ryuzi Kambe -
      親コメント
      • by maia (16220) on 2003年07月01日 8時02分 (#349001) 日記
        この場合の雑誌は、喫茶店や待合室で、そこに閲覧用に置かれた雑誌。
        掲示板は、大学の掲示板など。
        そういうのが想定されていると思う。
        図書館は、ちょっと分からない(コピー機が設置されてるし)。
        本屋の店頭で許されるのは、立ち読みまで(椅子が用意されてる所もあるが)。もちろん、基本的なツールは海馬。
        親コメント
        • by yatobi (7117) on 2003年07月01日 9時02分 (#349028) 日記
          前に本屋で海馬ならぬ海綿体を活用されて居る方がいらっしゃいました
          するなよ…っていうか、それをズボンのポケットに入れた手でイヂるな…と

          んで…それは良いんですけど(良くないけど)、いずれ現行のデジカメが赤外線を通さないフィルタを掛けてる様に、ワザと画素子を減らしたり、接写できなく成ったりするのかなあ…と

          そういえばデジカメ携帯電話なんかはワザと [keio.ac.jp] シャッター音 [uwdil.com]が出るようにしてある [keio.ac.jp]そうですね
          それが在ってなお、撮影するような輩は例えどんな防止機能を盛り込んだ所でやるかと思われ…
          --
          # 爆言のち漏電中… :D
          親コメント
        •  駅やバス停留所の「発車時刻表」にも一票。

          さすがに私の海馬(海牛か?)で一度におぼえられるのは、一つか二つしかないもんで。
          ちなみにメモ撮影はもっぱらデジタルカメラ(自慢にもならない1メガピクセル)。
          親コメント
    • by entaille (15816) on 2003年07月01日 10時45分 (#349111) 日記
      美術館の写生の場合は、普通、
      著作権の保護期限(作者の死後50年とか)を過ぎてる著作物が、
      対象なので、問題無いかと思われます。
      親コメント
    • 複製権に引っかかるのでは。
      買ってなければ、それは本屋の所有物ですので第三者が内容を
      撮影することは本屋がコピーを配っているのと同等でゲス。
      が、さすがに本屋を悪者扱いしたくはないだろう。だから代わりに
      消費者を標的にしているわけ。
      --

      --
      Ath'r'onならfloatあたりに自信が持てます
      親コメント
      • by Anonymous Coward
        > 第三者が内容を撮影することは
        > 本屋がコピーを配っているのと同等でゲス。

        んと、撮影を認めている本屋もあるって事でしょうか?
        一般的には、本屋は撮影を認めていなくて、
        「コピーを配っている」のではなく、
        「コピーを盗まれている」のだと思うのですが...。

        > さすがに本屋を悪者扱い
    • by Anonymous Coward on 2003年07月01日 8時29分 (#349011)
      民法の解釈では買う目的も無い人が本屋に入ってる時点で
      不法侵入なそうな
      親コメント
      • by Anonymous Coward
        まあ、そんな事でしょっぴき始めたら商売の方もあがったりになるのは目に見えてますが。

        とある古本屋で”座り読み”する客に「他の客の邪魔だろうが!テメェ営業妨害で訴えるぞ!」
        とか怒鳴り散らしてた店員がいました。
        それって恐喝やん…
        • Re:立ち読みは? (スコア:1, すばらしい洞察)

          by Anonymous Coward on 2003年07月01日 13時12分 (#349248)
          私は立ち読みの奴が邪魔だったり、立ち読みで本がボロボロになっていると
          その店では買わずに他に行くので、立ち読みが営業妨害であることは間違いないです。
          立ち読みがなければその店が得られたはずの売上を、全く買う気もない立ち読みの
          ために得られなかったのですから。

          再販制度のせいで、立ち読みで本がボロボロになっても返本できるから本屋も
          本が傷むことに無頓着なんですよね。
          何人もが立ち読みしたせいでボロボロになっている雑誌は定価で売ってますけど、
          はっきり言って一人が買って読み終え、そのまま駅のゴミ箱に捨てた雑誌のほうが
          きれいですよね。

          古本屋は返本できないから立ち読みによって本が傷むと商品価値が下がるんです。
          怒るのも仕方がない。っていうか、他の店ももっと怒れ。
          親コメント
          • >私は立ち読みの奴が邪魔だったり、立ち読みで本がボロボロになっていると
            >その店では買わずに他に行くので、立ち読みが営業妨害であることは間違いないです。
            >立ち読みがなければその店が得られたはずの売上を、全く買う気もない立ち読みの
            >ために得られなかったのですから。

            立ち読みだけで「まったく買う気が無い」と定義するのは無理なのでは?
            それと、「立ち読みが営業妨害であることは間違いないです」とまで言いきれると仮定すると、「まったく買う気の無い立ち読みを容認し、その本を返品している本屋」って取次ぎや出版社にとって営業妨害に当たるのでは?

            立ち読みを禁止することは、店内なんだから店には禁止出来る権利はあるよ。
            当然撮影を禁止することもね。

            最近、書店の隅に有料カフェつけて、そこで書店の本を勝手に持ってきて自由にコーヒーとか飲みながら見れるところも増えつつあるよね。
            「こうした方が本が売れる」という判断らしいですよね。
            「立ち読みがなければその店が得られたはずの売上」-「立ち読みがあるために売れた売上」=「得られなかった売上」では?
            で、得られなかった粗利益(売上×粗利益率)が存在すると思っている店は立ち読みを禁止すれば良いだけでは。

            「立ち読み禁止」と張り紙している店もあるよね。
            親コメント
        • by Sune (7520) on 2003年07月01日 13時31分 (#349267)
          本屋は知らないけど、コンビニエンスストアでは
          店の外から見える位置に立ち読みしやすい雑誌類を
          わざと並べています。

          これは、立ち読み客をみた「外にいる人」が、
          店に入りやすくするためであるそうです。

          さすがに座って読むのは、迷惑ものですけど。
          親コメント
        • by Anonymous Coward
          立ち読みは買う可能性があるということで(本を吟味してる)
          大丈夫だそうです。

          ただ撮影してる人はあからさまに買う気が無いから駄目なそうな
    • 本や雑誌に限らず (スコア:1, すばらしい洞察)

      by Anonymous Coward on 2003年07月01日 19時32分 (#349623)
      欲しいけど、金出す程のモノじゃないからパクってもいいって感覚が理解できないんですけど。「こんなもん、金払う価値無いじゃん」と言えば、何盗んでもいいと思ってるんでしょうか?
      親コメント
    • 盗人猛々しいというのはこう言う人をいうんですね
    • 美術館の撮影禁止は, フラッシュの光による絵画の劣化防止のためって面も大きく, 写生禁止はイーゼルを立てての写生が他の観覧者の邪魔にならないような広い美術館が少ないって事情はあると思いますよ.

コンピュータは旧約聖書の神に似ている、規則は多く、慈悲は無い -- Joseph Campbell

処理中...