パスワードを忘れた? アカウント作成

覆面画家バンクシーの絵画、オークションで140万ドルで落札された直後に自動シュレッダーされる」記事へのコメント

  • いやいや (スコア:5, すばらしい洞察)

    by yhachisu (47108) on 2018年10月09日 15時03分 (#3494622)

    さらなる値上がり確実じゃないですか。

    ここに返信
    • by Anonymous Coward

      その状態が一種のインスタレーションだと思えば、そのまま保存しとけばいいわけです。

      • by Anonymous Coward

        美術愛好家でもない一般人にとっては芸術家のインスタレーション作品なんて興味もないし理解も出来ないものがほとんどだが、これは素人目にも分かりやすいから値上がりは必死ですね
        #しかしなぜオークション関係者は額から絵を出しての鑑定をしなかったのか?(はずしても気がつかなかった?)

    • by Anonymous Coward

      でも落札者は完成品に金を出したわけで、それが損なわれたら、下手したら損害賠償、もしくは落札取り消し、になるんじゃね?
      切り刻まれたのも芸術、と思える落札者ならいいけど、どうでない場合は問題になりそう。
      新作を1枚無料であげるよ、とかなら満足か。

      Apple Iが最近8300万円で落札されたらしいけど、落札後にハンマーでぶっ壊して「これが芸術です」とか言われても受け入れられんだろう・・・

      • by denebora (31861) on 2018年10月09日 17時08分 (#3494721)

        切り刻まれたのも芸術、と思うことのできない人なら、そもそもバンクシーに140万ドルの値をつけないですよ。
        シュレッダーは途中で止まっているし、ニュースになったことまで含めてバンクシーらしい作品になっているので、落札者は大儲けです。

        クロスカットにして、最後まで切り刻んでいるんだったらともかく。

        • by Anonymous Coward

          >落札者は大儲けです

          それは、この半分切り刻まれた”作品”が次の人に高値で売れた場合でしょ。
          正直、現状では含み益なのか含み損なのかもわからん状態。

          最近は芸術目的じゃなく投資目的で絵画を買う人が多いらしいので

          >切り刻まれたのも芸術、と思うことのできない人

          も微妙ですけどね。

          • by Anonymous Coward

            いやー売れますよ。
            一番素朴なストーリーなら「バンクシーの意図により、誰も予想できないまま裁断された」作品なので、ということは落札時点では今回のストーリーは評価額に入ってなかったわけです。つまり今回の話題分、価値の上乗せがあるじゃないですか。

            • by Anonymous Coward on 2018年10月09日 23時01分 (#3494914)

              少なくともこれだけ話題になれば、その辺の美術館にでも展示すればいくらでも見に来る人がいるとは思うよね。少なくとも僕は観に行きたい。

              と考えると、普通にその辺の有名美術館いくつかに貸し出すだけで十分元が取れそう。

      • by Anonymous Coward on 2018年10月09日 16時29分 (#3494691)

        これは作者の意図としては落札後に完成する仕組みだったんじゃないかと。
        すなわちシュレッダーされて完成。

        • by nnnhhh (47970) on 2018年10月09日 17時16分 (#3494727) 日記

          これでしょうね
          わざわざ途中で止まるようになってるのもそのためでしょう

          落札者は落札するということで作品の完成に参加したとも言えるような気がしますし、
          喜んでるのではないでしょうか

        • by Anonymous Coward

          未完成の品を売るなよとか、落札された(≒取引が成立した?)タイミングで、
          落札者に断りもなく、落札者の物を改変するなよと思うのは、
          芸術を理解してない凡庸な者の意見ですか?

      • by Anonymous Coward

        製造当初から自爆するように仕掛けられていた Apple I ならそれも価値。
        落札後にハンマーを持ったウォズが出て来てぶっ壊すのなら、それはそれで落札価格以上の値段で Apple I の残骸とウォズのサイン入りハンマーを買い取ろうというやつが出てくるかもしれん。
        オークション会社や出品者が勝手にぶっ壊したんじゃだめだけどね。

      • by Anonymous Coward

        今回は普通に取り消しじゃないの?
        でも落札者は普通に全額払いそう。
        値下げしたら市場価格は下がるし。
        いや値下げや補償はあるだろうか。

        • by Anonymous Coward

          んなわけないだろ。全部裁断されたんじゃなくて、「シュレッダーに途中までかけられた絵」に変化しただけ。切れた部分も落っこちないで繋がっている。
          これだけ議論を巻き起こしたものに対して「価値が下がった」とうっかり言ってしまえば「現代美術のわからない方ですなオホホホ」と笑えるという構図。

          • Re:いやいや (スコア:3, おもしろおかしい)

            by Anonymous Coward on 2018年10月09日 18時01分 (#3494757)

            そして周りの人々が「現代アートだ」「流石はバンクシーだ」と賞賛する中
            純真な子供が「何で半分すだれみたいになった紙切れが140万ドルもするのー?」と

      • by Anonymous Coward

        主催から落札者まで、
        全てが仕込みてのは穿ち過ぎですかね...

        • by Anonymous Coward on 2018年10月09日 16時08分 (#3494667)

          気づきましたか。
          バンクシーというアーティストは実在せず、各地で個別に生まれたアートをひとまとめにし、一連のストーリーでつなげることで作品の値段を上げて、無知な資本家たちに売りつけるという悪の画商、通称闇画商たちによる、大掛かりな陰謀なのです。
          シュレッダーが内蔵された絵をオークショニアが気づかないはずがありません。装置の起動もオークショニアによるもの。もちろん落札者もグルです。この事件で値段が上がるだろう、という声明やこの事件の拡散がやけに広いことも、釣り上げ転売への布石。全て陰謀です。
          もちろんスラドへのタレコミも闇画商たちの陰謀n

          • by Anonymous Coward

            次は燃え出すのかな。

            • by Anonymous Coward

              アキバで複製画を売るようになる

            • by Anonymous Coward

              落札直後に停電になり絵が燃え出して額縁から「どうだ明るくなったろう」

        • by scanner (19808) on 2018年10月09日 19時29分 (#3494811) 日記

          (1)何年も「シュレッダ動作コマンド待ち」で電池が持つのか、事故でそれ以前に
           作動してしまうことがないのか?

          (2)細い短冊になった絵があんなにきれいに吐き出されたからには、額の下部に相当の
           余裕をもって「スリット」が開いていたはずで、そこを見れば「装置」の意図は明白
           なのに、サザビーズはそれに気が付かないのか。

          (3)ニュースで出回っている「絵と驚いているオークション参加者」の画像だが、そもそも
           なんでオークションで落札対象の絵がオークション会場の横の壁に掛けてあるのか?
           こういう画を取るためにそういう配置がされていたとしか思えない。
           あと、画を回収する警備員(?)の手際が良すぎ。

          気が付いたのはこれくらいかな。

          • by Anonymous Coward on 2018年10月09日 21時10分 (#3494867)

            ゼンマイ仕掛け。

            ゼンマイを巻くとアラ不思議、裁断された絵が巻き取られ、裁断されて無い絵がするすると現れる仕組み。

          • by Anonymous Coward

            主催がグルとはいかないまでも、絵に接触できるぐらいの関係者がグルなら、オークション直前に仕掛けの準備はできそう。

          • by Anonymous Coward

            それあなたが気づいたことじゃなくて
            ネットのニュースなどで流れてたコメントをパクってるだけですよね?

        • by Anonymous Coward

          それが唯一救われるストーリーだ。
          そうでないなら悪趣味すぎるわ。
          俺の中の現代アートの評価は今まで低かったけど、これで一層下がった。

      • by Anonymous Coward

        転売でしょ、これ?

        転売ヤーに痛い目を見せるために、製作者がトラップを仕掛けた。
        それが上手く作動した、というだけ。

        恐らくトリガーは、バンクシーが最初に売った人の元を離れること、
        だったんじゃないかね。

        この件の損害は、全部転売した人が被ることになると思うし、
        それがバンクシーの望みだと思う。

        • by Anonymous Coward

          値段は上がるに決まってるだろ。下がるなら仕込む意味がない。

          • by Anonymous Coward

            バンクシー自身は、美術品はそのものではなく誰によって作られたで決まることには批判的ではある。
            彼の映画なんかでもその話が出てくるな。
            だから、こんな損壊した作品でも価値があるのかと、こういうものだったとしてもバンクシーの作品だからという理由で結果的に値段が上がってしまうということを改めて知らしめたとも取れる。
            下がったり、オークション取り消しになっても気にしないと思うぞ。

      • by Anonymous Coward

        オークションは「落札=契約成立」ではないから落札者は損害は受けていない
        もっともどちらかの事情でオークションをキャンセルするなら、出品や落札に要した費用は賠償する責任はある
        今回の場合でいうと、落札者はウマーといって購入してもいいし、イラネといって会場までの電車賃を請求してもいい

        • by Anonymous Coward

          これはバンクシーが意図的に裁断した場合でも、上からたまたま電球が落ちてきて破れた場合でも同じ
          みんなバンクシーにとらわれすぎですよ(それが狙いのアクダマンかもしれないが)

    • by Anonymous Coward

      次の落札作品はシュレッダーのリモコンボタン!

      # 絵画と一緒に所持すればさらなる値上がりの予感!

      • by Anonymous Coward

        押すと残り半分が細断されるんですね。

コンピュータは旧約聖書の神に似ている、規則は多く、慈悲は無い -- Joseph Campbell

処理中...