パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

2018年、デスクトップLinuxプラットフォームが抱える問題とは?」記事へのコメント

  • Windowsも、Linux(またはUnix)ベースで一から作り直すべき。
    最近のバグや脆弱性の多さを聞いてると、そうとしか思えない。

    • 真面目な話、懸案はドライバ周りじゃない?
      書いた事ないから何とも言えないけど、Linuxのドライバはカーネルの更新に追従するのが面倒だとかいうし、対するWindowsのドライバモデルは安定している。
      メインラインに取り込むなんて事到底できないタイプのデバイスもWindows向けには結構あるし。
      実際ドライバ屋の評判としてどうなのかはわからん。書く気も機会もない。

      それからエンドユーザーに特にかかわる話で言えばフォルダ構造。
      C:\やらD:\やらに慣れたWindowsユーザーにとってUnixのファイル概念はややこしい。
      特殊なファイルやディレクトリとか、どのHDD/SSDに存在するのかよくわからん事とか、ルートにファイル置いちゃいけないとか。
      macOSやLinuxデスクトップ環境だとそれなりにうまく隠蔽してはいるけど、正直分かり辛いのは確か。
      素朴に上位フォルダに戻るってだけの操作やパスの表示からして実装されてなかったり混乱を招くこともある。

      一から作り直すってんならNTFSとかは普通に使えるとして、レジストリとかはLinuxにない機能だから困るだろうね。
      それからファイルの権限管理とかはWindowsの方が高機能。普通のUnixのあれと比べての話だけど。
      多分それ以外にもいろいろあるはず。

      一方でロックされててもファイルを削除できたりするのはエンドユーザー的にも便利。というかWindowsの仕組みは旧弊すぎる。
      上手くやれば更新時の再起動も減らせるかもしれない。
      安定性とかでLinuxの方が優れてるかといえばどうだか。
      最近のバグはテストもそこそこに本番適用する方針に変えただけでしょ。

      親コメント

UNIXはシンプルである。必要なのはそのシンプルさを理解する素質だけである -- Dennis Ritchie

処理中...