パスワードを忘れた? アカウント作成

ソユーズ宇宙船、打ち上げ失敗。宇宙飛行士は無事」記事へのコメント

  • おふとぴ (スコア:1, 興味深い)

    by Anonymous Coward on 2018年10月12日 17時39分 (#3496721)

    以前に、再突入の角度が浅すぎると大気に弾かれて地球に帰れなくなるという話を聞いて、ずっとそうなんだーと思っていたんですよ。
    で、最近になって、再突入するってことは軌道速度を割り込んでるんだから弾かれてもそのうち落ちてくるから帰れないってことはない。
    軌道速度を割り込んだ状態から帰れなくなるほど安定した高度が取れるんなら燃料節約できるってことでみんなやってる。
    と指摘されて愕然とした。

    ここに返信
    • Re:おふとぴ (スコア:5, 参考になる)

      by Anonymous Coward on 2018年10月12日 19時27分 (#3496789)

      地球に(安全に)帰れなくなる、が正しい。
      安全じゃ無い方法になる、ってことですねぇ。

      具体的には、揚力突入できずに弾道突入になって、高Gや高温に晒されることになる。

      ソユーズやアポロのカプセルは完全な球形ではなくて、底が平たい。
      この平たい面を傾けて大気に突入すると、揚力が得られます。
      揚力が得られると、ゆっくり時間を掛けて大気圏を降りてくることができる。Gや温度も抑えられます。

      ところが、この揚力突入ができる角度ってのが限られている。
      角度が浅くても深くても駄目です。
      その場合、「弾道突入」ってやり方になる。揚力が出ないようにして、高G高温気にせずにとにかく着陸することを目指す。
      緊急時モードですがもちろん最初から設計しているので、中の人が死ぬことは無いんですが、怪我することはある。
      実際、ISSからの帰還時に弾道突入モードになるプチ事故が希にあって、飛行士が怪我したこともあります。

      今回の非常脱出も、弾道突入モードで帰還したみたいですね。

      ちなみに、サイヤ人のカプセルは球形なので、弾道突入専用です。まぁ、連中はGなんか気にしないでしょうけど。

      • by Anonymous Coward

        真面目な解説にしっかりドラゴンボールのようなネタをブチ込んでくる様は実にアレゲでよろしい。

      • by Anonymous Coward

        "参考になる" 付いてるけど、弾道突入になって高G高温に曝されることになるのは進入角度が深すぎる場合の話。

        浅すぎる場合は地表に落下してこないですよ。

        • by Anonymous Coward

          浅すぎる場合も問題あったように思うんだよな。落ちてこないのではなくて。
          大気で減速してるんだから地表に落ちては来るのだ。(地球周回軌道を想定)

          再突入の時間が長くなることで熱問題が出るんだったかな。
          大気で一度弾かれたあと急角度で突っ込むという話もあったかも。(←これは怪しい…。)
          ちょっと覚えてないんだけどね…。

          機体の設計や状況にも寄るとは思うのだけど、正常でないパターンで下りてくる場合は安全性が落ちるのは当たり前の話だね。

          • by Anonymous Coward

            #3496870のACです。

            浅すぎて一度飛び出したあとで再び落ちてくるのって、このページ [quantumhertz.com]の "'skips' on re-entry" のパターンだと思います。

            そのサイトによれば、
            ・着陸予定地と全く違う場所に落ちてくる
            ・一度目の突入で(本番ほどでないとはいえ)熱に曝された熱シールドが、二度目の突入で再度本格的に熱に曝されることになり、トータルでは熱に曝される時間が長くなるので、熱シールドが不具合を起こす危険が高まる
            という問題があるようですね。

            • by Anonymous Coward

              ごめんなさい、ちょっと間違えました。着陸地がズレるとか、熱シールドの使用時間が延びるので耐久性の問題が生じるとかは "Too shallow re-entry angle" に対応する説明ですね。これは大気圏外に飛び出ないまでも、進入角度が浅すぎてより長時間大気圏内を飛行する場合の話のようです。

              さらに浅すぎる場合は一旦飛び出してから再び大気圏に突入する('skips' on re-entry)と書かれていますが、これに対する問題は特に記述されてないですね。少なくとも上記と同じ問題が生じることは間違いないと思いますが。

    • by Anonymous Coward

      あの記事一理あるなぁとは思い楽しく読みましたが、あれって本当なんですかね?
      ソースないから根拠レスのエッセイなんじゃないかという疑いを持ってしまう

    • by Anonymous Coward

      軌道速度を割り込んで無くても大気圏に突入はできるでしょ、地球に向かって飛べばいいんだから
      また、大気圏で抵抗を利用して減速ってのはあり得ないことはない
      その上で元々が第2宇宙速度を超えていれば弾かれた後飛んで行って戻ってこれないことも可能

      しかしこんなのは惑星間航行とかの話であって、
      低軌道からホーマン軌道使ってとかだとあり得ないですね

      弾かれた結果時間がかかり、酸素等が足りなくなって「生きて帰れない」はあるかも

      • by Anonymous Coward

        アポロ計画の説明に、月からの帰還の図で「大気圏で弾かれて」とあったのを思い出します。月くらい遠くから落ちてくるんだから第二宇宙速度を想定していたのでは?

    • by Anonymous Coward

      地球を周回する軌道からの帰還なら、そのうち落ちてくるのは正しいと思います。
      ただ、以下の場合は戻ってこれないかも?

      ・他の惑星からの帰還
      ・運悪くスイングバイっぽい軌道になってしまい加速してサヨナラ(地球周回軌道からでもできるのだろうか?)

      • by Anonymous Coward

        スイングバイ的な軌道で加速して第2宇宙速度を越えるということは、
        元から第2宇宙速度に近い速度だったということで、始めから
        地球の重力圏を脱出するつもりじゃないと出せないスピードでは?

      • by Anonymous Coward

        地球の周回軌道からスイングバイができるなら人工衛星は皆んな宇宙の彼方に飛んで行ってしまうな。

        通常は公転する地球の後ろ側で加速できても前にきたときに同じだけ減速して±0になるだろう。

    • by Anonymous Coward

      「帰ってこれない」は現実的な時間内に、とか適切な速度以下で、とかの話でしょう。
      別に加速されるわけじゃないんだから。

      で、速度がそこそこ低くても、変な楕円軌道になっちゃったら「いつかは帰ってくる、ただそれは結構先」になっちゃうわけで、ヒトが乗ってるなら事実上帰れないと言っても過言では無い。

    • by Anonymous Coward

      このページ [quantumhertz.com]の、"Spacecraft ‘bounces off.’" と書かれた図が参考になると思いますが…

      要するに突入角度が浅すぎると大気での減速が十分働く前にふたたび勢いで大気圏外に飛び出てしまうってことです。地球丸いので。

      これを地表基準で見ると一旦高度が下がってきたものが再び上がっていくように見えるので「はじき返された」ように見えますが、実のところ近地点が大気圏内にある楕円軌道なだけですし、大気で減速された分確実に

    • by Anonymous Coward

      その認識にはいくつかの勘違いがあるだけで、大気に弾かれて帰れなくなることはあるから
      別に何も間違っていないし愕然とする必要もない。

      まずそもそもとして、落ちる=帰れるではない。詳しくは他の人がもう書いてるが、
      大気に弾かれたあと、うまく減速しながら降りられる軌道へ修正できないと生きて
      帰れなくなる可能性は普通にある。

      また、再突入する=軌道速度を割り込んでいる、というのも違う。通常、再突入する場合には、
      まず軌道を降下方向へ変えるのであって、減速は軌道変更のために最低限必要な分だけしかしない。
      なんで最低限になるかといえば、燃料を軌道まで持っていくコストが高いからだ。
      結果、主要な減速要因は高度が下がることで増大する空気抵抗になる。空気抵抗がかかるまでは、
      高度を下げることで位置エネルギーが変換されるため、速度はむしろ上がる。

にわかな奴ほど語りたがる -- あるハッカー

処理中...