パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

ジェネリック医薬品が選ばれない理由は安全性や効果などを患者が疑っているから」記事へのコメント

  • この意見、よく聞くけど
    添加物ってなんだ?
    有効じゃない成分のこと?

    普通に考えると、効き目に対して影響ない(有効でない)なら
    何を入れようと、逆に入れないでいようと、薬効には関係ないのでは???

    逆に、その添加物とやらが何らかの影響があるなら(副作用も含め)
    それは有効成分になるのでは?
    ジェネリックだろうと何だろうと有効成分が同じでないモノは
    臨床試験から承認から全部やり直しだよね???

    • ジェネリック医薬品を、無理を承知でパソコン用語にすれば、
      「先発マシンと同じCPU同じクロック数、同メモリ容量だから同一性能のはず」の理屈で
      「ほぼ同じマシン。ジェネリック の GeneBook Pro 800です」と言って良いかも。
      詳しい人は「SSDの選択で差が出る」「高負荷の状態で差が出る」とか指摘できる。
      (以下は点眼薬の例)
      「点眼液の開発と眼内薬物動態....ラタノのジェネリック」 [exblog.jp](小さな眼科クリニック@城北公園)で
      キサラタン点眼液と、それに添加物(防腐剤)塩化ベンザルコニウム(BAC)をどの濃度で加えるかで、「BACを下げると眼内移行量が下がるジレンマ」を指摘してある文章です。

      親コメント
      • by Anonymous Coward

        何度も、ここで述べていますが、日本のジェネリックは、主成分だけ一緒なら、認められるようですが、点眼には、主成分以外に多種多様の添加物が含まれていて、点眼の有効性・安全性・安定性に関しては、添加物が既定している部分も大きいのに、そこが同一でなくても認められる日本のジェネリック製品というのは、どうなんでしょう・・。

        薬剤師の範疇とは言え、ここまで眼科医が懸念するとは…
        医者だって有効成分ではなく、先行薬剤としての効果しか把握していないだろうしなぁ

        • by Anonymous Coward

          建前としては、後発品もそれなりの安全性試験を行わなければ世に出せませんし、市販後調査を継続して行って”害が出たら”対応せねばなりません。
          問題は「効きが悪い」とか「品質管理が甘い」とかですね。

          (以下は分かりやすさのために正確さを犠牲にしているのでよろしく)
          例えば「体重60kgの人には血中濃度が○○以上あれば効く」みたいなデータがあって、商品としては1錠中90mg以上入っていればいいよ、となってて、
          先発品が「錠剤中に100~110mg入るように作った」として、
          後発品が「錠剤中に95~103mg入るように作った」みたいなことがあると、
          体重が90kgの人は前者なら良く効いて後者は効きが悪い、みたいなことがあったりする。(もちろん理論上は先発後発が逆になることもあり得る)

          それに錠剤や液剤ならともかく、点眼点鼻噴霧吸引、あるいはテープや塗り薬などは、基剤や形状、機構によっても体内への移行具合が異なり得るからな…
          同じメモリでもバス形状が異なる、みたいなもんだと考えたら乱暴といえば乱暴ですよね…。

皆さんもソースを読むときに、行と行の間を読むような気持ちで見てほしい -- あるハッカー

処理中...