パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

知的財産戦略本部の海賊版サイト対策検討会、結論を出せず無期延期に」記事へのコメント

  • MiAUの理事の人も検討会に参加してて、ポッドキャストでどんな話してるのか感想述べてるんだけど、警察側の人に、「今何ができなくて困ってますか、どういう風に法改正したら動けるようになりますか」って聞いても答えてくれないってぼやいてました。
    出版社側としてもまず頼るのは国内の警察なわけで、遙か夢の址の運営逮捕したときは一応の成果は上げてる。でも、漫画村相手では全然通用しなかった。

    ちなみに、出版社側が動きにくい理由については他にも理由があって、クラウドフレア社の一連の対応に関して実際に動いてたやまもといちろう氏がいろいろ煽り記事をブログに載せてます。
    川上量生さんのブロッキ [lineblog.me]

    • 要はブロッキングを施して得をする人よりも、損をする人の数が様々な面で多く成ると試算できるからじゃ無いですか。 ブロッキングされる範囲の通信が必ずしも経済活動を全くしてないとは限らないですから、違法物の出る側だけならともかく情報の受け手側まで遮断して居たら恐らく殆どの通信が遮断されて機能不全に陥ると思われますよ。 またそれらの通信の内容特定自体が現行法では違法なままですから先に怪しき者には警告をした後、改善が無い様子なら様々な探索許可をできる様に各方面に要請を可能にする法を纏める方が先だと思われます。 特定少数の電子商材を扱う業界だけの見識で他のもっと実体的な高収益産業も含めた、全ての業界の通信に拠る収益にも不利益をもたらす可能性が十分在りますし、今違憲と成ってる事に例外を作り何をしていたら全面的な調査を許諾するかの条件を纏めるしか無いでしょう ※一番この問題に関して関係するのは通信広告業界ですから、そちらの方々と意見を刷り合わす事が一番の解決策かと愚考致します。
      親コメント

アレゲは一日にしてならず -- アレゲ研究家

処理中...