パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

インクジェット機のインク」記事へのコメント

  • プリンタはインクや感光体の
    ランニングコストで稼ぐビジネスモデルなので
    それを見越して本体ごと買い替えたほうが
    エコノミー的にエコなのよねぇ

    # エコロジー的には芋版でスタッフ美味しくいただくだね

    • ほう、年賀状印刷するために毎年新しいプリンタ買うのか。さすがにそれだとたぶんインク代より高くつくぞ。
      そもそも消耗品ビジネスに対する批判はここでの問題ではないので。

      うちの使い方が世間の標準というつもりはないけど、年賀状+αくらいの使用頻度だとインクは余裕で2年以上使われることになるのに、賞味期限=半年っていう品質設定は客を見て作ってないよねってことを言ってんだよ。

      親コメント
      • by Anonymous Coward

        品質設定というよりその程度が廉価なインクジェットのひとつの限界とも考えられる。
        昔からタンクに残っているのにインク切れ扱いになるのが苦情の定番だけれども、
        ボッてる面もあるにせよ印刷品質を担保するなら最後の1滴まで使いきるのも無理だろう。
        タンクもノズルも完全密閉でもないのに一年も持つなら非常によくやってると私は思いますね。
        現状に満足しより良いものなど求めるなと言う訳ではないが。

UNIXはただ死んだだけでなく、本当にひどい臭いを放ち始めている -- あるソフトウェアエンジニア

処理中...