パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

同人誌の違法配信サイト、作者から損害賠償を求め提訴される」記事へのコメント

  • 損害額だけで1000万円というのは、儲かるもんですねえ。

    • by Anonymous Coward on 2018年12月13日 19時26分 (#3532999)

      著作権法第114条で明示されている、法的根拠がある計算値ですね。

      侵害した者に対しその侵害により自己が受けた損害の賠償を請求する場合において(略)単位数量当たりの利益の額を乗じて得た額を、著作権者等の当該物に係る販売その他の行為を行う能力に応じた額を超えない限度において、著作権者等が受けた損害の額とすることができる

      つまり販売利益を、侵害された数でかけた額を被害額とすると書かれてます。
      5万2千回観覧されたと言うことです。一冊あたりの価格は分かりませんが、2千万円というと一冊あたり400円弱と言う事で、たぶん実物よりも安い価格で想定してます。
      その半分が利益だとして1千万ということで、十分に妥当性がある金額じゃないでしょうか。

      すると5万2千回の回覧という数字が正しいかですが、業者側が出している広告収入は6300円とのこと。1000PVごといくらの収入になるかを現すRPMに直すと120少々ということで、そこらの素人がやる小遣い稼ぎのアフィブログよりは良いが、継続している商用メディアよりは悪い、と言う生々しい値になります。
      これも妥当性がある様に思います。

      能力に応じた数云々においては、ダウンロード販売サイトだと十分に捌ける額ですから能力的には問題無いです。事実ダウンロード販売の同人コンテンツは、ヒットするとこれぐらい平気で売れるそうですので。

      親コメント

Stableって古いって意味だっけ? -- Debian初級

処理中...