パスワードを忘れた? アカウント作成

欧米で「フリントロック・ファンタジー」が流行の兆し?」記事へのコメント

  • by Anonymous Coward

    もちろん、ファンタジーということは、近代戦に「魔法」の要素がつけ加えられていて、

    まとめより。剣と魔法の世界ならぬ銃と魔法の世界、というのはたまにあるが、まとめ見るにそういうのよりは近代寄りの世界観の作品を指すんですかね?

    確かに、銃が登場するファンタジー作品は大量にあっても、その銃が普及しきった後の世界を舞台にするファンタジー作品というのは、そう言われると確かに覚えが無いですねぇ。

    • by Anonymous Coward

      そもそも魔法が存在する世界で近代兵器の優位性ってあるんですかね
      と転スラ13巻を読んで思った

      • by Anonymous Coward

        魔法が使えない人(使えても生活魔法レベルの人)にとっては、弓よりも銃のほうが低練度でも戦力として使える
        弓よりクロスボウのほうが扱いやすく、クロスボウより銃のほうが威力がある
        下っ端雑兵のための武器
        金さえあれば数をそろえられるしね

        • by Anonymous Coward on 2019年01月11日 18時53分 (#3547030)

          日本でも、周辺地域征服時代の中央政府正規軍は、徴用兵に弩(=クロスボウ)を配備していたが、
          征服戦争一段落後自然発生した、相応に武術の鍛錬をした局地戦用散兵階級(=武士)の主兵装は弓になり、
          基本そのまま火縄銃伝来足軽装備、さらに開国徴兵職業兵化を迎える事になる。

アレゲはアレゲを呼ぶ -- ある傍観者

処理中...