パスワードを忘れた? アカウント作成

2023年でもSSDの容量単価はHDDの7.7倍との予測」記事へのコメント

  • HDDなら1GBあたり2円(1TBあたり2000円)(Seagate)
    SSDなら1GBあたり15円(MicronとSamsung。新興の怪しいメーカー除いて)

    いずれも最安製品ではあれど特価ではなく複数店舗で数百円以内の価格差
    2023年ならもっと縮まってるんでは

    • by Anonymous Coward

      半導体の集積度は限界に来てるのよ。
      特にフラッシュメモリは、原理的にこれ以上微細化を進めると信頼性や寿命が悪化するところまで来ている。

      そのためプロセスの微細化進めるのはもうやめて、縦に積み上げる方向で単位面積あたりの容量を稼ぐ方向に
      なってきている。

      でも、この方法は重ねるぶんだけコストがかかるので、容量密度は上げられても、容量単価は下がらないというわけ。

      • by Anonymous Coward

        重ねると言ってもワンダイに収まっているのでコストはさほど上がりません
        第一ここ五年くらいのSSDの容量単価ダウンは縦に積み上げることで実現されたものです
        ハードディスクの方も高密度化は限界なんて言われているのでいい勝負ですな
        どっちもなんやかんやでなんとかできたが

        • by Anonymous Coward

          重ねる分だけプロセスの数は増えるんだから、上がるよ。
          これまで微細化で進んできたコストダウンペースから、明らかに腰が折れるカーブになっている。

          > ハードディスクの方も高密度化は限界なんて言われているのでいい勝負ですな

          いい勝負という段階になってしまったから、いつまでたっても差が縮まらないというのが今回の話じゃないの。

          • by Anonymous Coward on 2019年02月10日 9時43分 (#3562707)

            でも、この方法は重ねるぶんだけコストがかかるので、容量密度は上げられても、容量単価は下がらないというわけ。

            ってのが現状では嘘だよって話ですが
            そしてハードディスクのように他の方法を見つけるだろうって話
            枝葉といえばそうだけども

吾輩はリファレンスである。名前はまだ無い -- perlの中の人

処理中...