パスワードを忘れた? アカウント作成

ビールとワインを飲む順番と悪酔いの強さの関係を調べる実験」記事へのコメント

  • by Anonymous Coward

    不純物・添加物が多いお酒は悪酔いしやすいという説があります

    蒸留酒は蒸留の過程で不純物が除去されやすい.
    透明なお酒は添加物を入れるとすぐバレるので添加物が少ない.
    一方,ワインのような色が濃いお酒は味をごまかすために添加物が多い.

    その結果,安い酒,特に赤ワインのような色の濃い酒は
    不純物・添加物が多いハズレがおおく,悪酔い,二日酔いしやすい,という説です.

    経験的にも,安い居酒屋の赤ワインなどはいい思い出がないので,
    この説は正しいんじゃないかなーと思っています.

    チャンポンは酔いやすいというのも,ハズレのお酒を引く確率が上がると解釈すれば
    同じ原因だと説明

    • 無水アルコールを割材で割ったみたいな、
      サッポロ99.99が究極に悪酔いしにくい、ということ?

      不純物と添加物の定義も今ひとつわからないのだけど、
      日本酒は醸造酒で、水とエタノール以外の成分もたくさん入ってるけど、
      不純物は入ってる扱いなのかな。
      ワインの添加物って、今は亜硫酸ナトリウムくらいだと思うけど、
      それが悪いってことかな。

最初のバージョンは常に打ち捨てられる。

処理中...