パスワードを忘れた? アカウント作成

酸を使った角質ケア靴下による化学やけどに注意」記事へのコメント

  • そっちの方が手っ取り早いしお金もかからないと思うんだけど

    • by Anonymous Coward on 2019年03月13日 9時24分 (#3579951)

      昔ならお風呂で軽石ですね。今もそういうコンセプトの商品は売られていると思いますが、ある程度は意識して手を動かす必要があります。靴下状の物を履いて時間を潰している方が楽に感じられるのでしょう。
      あと、削る方式で思ったような結果が得られない人が、一縷の希望を抱いて試している場合もあるでしょう。

      • by Anonymous Coward

        近所のSPAにかかとやすりがあるのでよく利用しています。
        軽石をおいてあるところは記憶にないなあ。

        • by Anonymous Coward

          そんなところにあるもしかしたら傷を作るかもしれない=汚染されている可能性のある
          物などよく使う気になるなぁ

          • by Anonymous Coward

            そんな可能性を気にするならお風呂以外でも気にしなきゃいけないことが沢山ありそうですけど生きづらくないですか?

          • by Anonymous Coward

            そのレベルで気になる人は共同浴場に行かないんじゃないかな?

            • by Anonymous Coward

              あなたは共同浴場に放置されていたあかすりタオル拾ってゴシゴシ使える人ですか?
              それと同じことでしょう。自分にはできないなぁ

              • by Anonymous Coward

                性病の人が座ったかもしれない腰掛けや、水虫の人が歩いたかもしれない脱衣場の床は気にしなくていいのですか?

              • by Anonymous Coward

                足ぐらいだったら使えるかも

              • by Anonymous Coward

                ただの接触とゴシゴシ自分の体こするのとはリスクは違うでしょうね。

              • by Anonymous Coward

                ツルツルの表面に触れるだけなのと、ザリザリ削って皮膚の内部に浸透しやすくする物は同列に扱えないでしょう。
                少なくとも気分的にでも。

              • by Anonymous Coward

                それな。前に使った人がうっかり使いすぎて出血したのがついていて
                しかもその人は肝炎だったりする
                そしてそのやすりで自分のかかとをゴシゴシ。
                ま、つかうのは自由ですが。
                At your own risk.

クラックを法規制強化で止められると思ってる奴は頭がおかしい -- あるアレゲ人

処理中...