パスワードを忘れた? アカウント作成

米Amazon、最低時給のアップとともに労働者の労働時間を減らし帳尻を合わせる」記事へのコメント

  • by NOBAX (21937) on 2019年03月15日 8時56分 (#3581462)
    働き方改革の取り組みで、開始前の2015年度対比で削減に成功した1億8600万円の残業代を、
    翌年度の賞与などとして社員に全額還元 [diamond.jp]しました。

    そういう帳尻の合わせ方もあるのです。
    ここに返信
    • by Anonymous Coward on 2019年03月15日 13時06分 (#3581597)

      元々の残業代がちゃんと計上されていればそういう手法はwin-winになるだろうね。

      事業がサービス残業に依存していたらそれはできない。
      なぜなら、サービス残業自体は見た目の会計以上に労働生産性を落とす要因に該当するから。

      社風がサービス残業ありきの事業所は、その程度の生産性の仕事しかしていない事を従業員自身も自覚して受け入れる事が出発点になる。

コンピュータは旧約聖書の神に似ている、規則は多く、慈悲は無い -- Joseph Campbell

処理中...