パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

官報に掲載された破産者情報をGoogleマップ上にマッピングするサイトが登場し議論になる」記事へのコメント

  • by Anonymous Coward

    こういうサイトもどんどん世に出てほしい

    • by Anonymous Coward

      何がどう良いの?
      この情報を何に使ってるの?
      眺めてニヤニヤするだけ?

      • 例えば、会社の同僚とか大学の同級生とか同じゼミの所属の人の情報を調べておく

        お金を貸してほしいとか言われたときに、過去に破産しているような人であることが判明した場合、信頼できないので貸さないという選択ができる

        担保の登記を確認するのと同じだよね
        家や土地が担保にできる場合でも、それが他の人に既に担保登記されていたら、他の債権者に持ってかれるからお金をかしてはならないという判断ができる

        • by Anonymous Coward

          > 例えば、会社の同僚とか大学の同級生とか同じゼミの所属の人の情報を調べておく

          こんな人とは関わりたく無いなぁ

          • by Anonymous Coward

            貸したお金を踏み倒されたことがあるものとしての感想ですが、効率よく調べる手段があるのは良いことだと思いますよ
            こういうのがあると、無心されてから調べても間に合うでしょうし

            • by Anonymous Coward

              「他人に金を貸すときは、あげてしまったと思え」って最近は教育されないのかな?
              商売で貸すわけじゃないんだから、それくらいの覚悟をしろって子供の頃から言われてたけどね。

              • 「他人に金を貸すときは、あげてしまったと思え」と
                「他人に金を貸すときは、あげてしまえ」とは違うよ。

                「もしかしたら返ってこないかもしれないけど、貸してあげよう」とは思うかもしれないけど、
                「コイツに貸したらほぼ返ってこない」と言う時に、貸してあげようとは思うまいて。
                親コメント

開いた括弧は必ず閉じる -- あるプログラマー

処理中...