パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

経済的に困窮し自殺した文系研究者、成果を出しても職は得られず」記事へのコメント

  • 博士号は足の裏の米粒 (スコア:5, すばらしい洞察)

    by Anonymous Coward
    取らなきゃ喰えないが取っても食えない。
    研究者にならないと生活できない人が研究者目指しちゃダメ、ってもっと若いときに教えてくれる人はいなかったのか。
    • Re: (スコア:5, 興味深い)

      by Anonymous Coward

      最初の就職先の上司が、「学部卒には、与えられた問題の解決方法を調べて実行することを、マスターには問題の解決方法を思いつく事を、そしてドクターには何が解決しなくてはいけない問題なのかを指摘して現状を打破することを期待する。」みたいな事を言っていた。

      で、現状の問題を指摘する奴は気に入らないし、意図しない状況の変化は不愉快だから、ドクターなんかいらない・・・と。

      • 問題をつくる人間がひとりいて、あとはそれを解く人間がたくさん必要、というのが世の中の需要のバランスです。
        たとえば物理学者は今もアインシュタインが作った問題を解いている。

        • 「です」、ではなく「だと私は考えます」の間違いですよね?
          • by Anonymous Coward

            いや「です」であってるね

            問題は問題であるがため「解かなければならない理由」が生じ(ているから問題であ)る。
            それには解決法のみならず、問題とその解決法の再現性確保が必要なので物量とコストが「問題を作る」より大幅にかかる。
            なので、受給問題としては「です」で正しい。

            些か逆説的だが、問題(っぽい単なるお困りごと)はぶっちゃけ「解決しなくてもいい」のでなんら問題にもならんが、
            本物の問題は「解決しなくてはいけない」から本物を見つけるのは天才であるってことの証左でもある。

            • by Anonymous Coward on 2019年04月14日 1時19分 (#3598824)

              > 問題は問題であるがため「解かなければならない理由」が生じ(ているから問題であ)る。

              研究の範疇で述べるなら、研究における「問題」というのは「解かなければならない」わけじゃありません。例えば物理における統一理論を「解く」必要性などというのはありません。

              親コメント

UNIXはシンプルである。必要なのはそのシンプルさを理解する素質だけである -- Dennis Ritchie

処理中...