パスワードを忘れた? アカウント作成

フランス・パリのノートルダム大聖堂で大規模火災」記事へのコメント

  • 構造物の内部構造までは分からないだろうし、どう組まれていたのかを解明できるんだろうか?

    • CNN [cnn.co.jp]

      昨年12月に亡くなった米国の美術史家(中略)2015年、当時米ヴァッサー大学で美術を研究していたアンドリュー・タロン教授は、レーザーを使用した大聖堂の綿密な計測を実施。(中略)これらのデータは極めて正確で(中略)「建物の隅々に至るあらゆる細部を、デジタル上で確認できる」

      タロン氏によるノートルダム大聖堂の保全に向けた功績が凄い。

      タロン氏は生前、ノートルダム大聖堂の破損状況に懸念を表明し、修復の資金を集める団体を共同で立ち上げてもいた。17年に撮影した動画では、雨や汚染された空気にさらされ続けている大聖堂の石材に言及し、「多くの注意が払われるべきだ」と語っていた。

      そういえばヨーロッパって、酸性雨の影響が結構あるイメージ。

      --
      #説明責任はないです

UNIXはただ死んだだけでなく、本当にひどい臭いを放ち始めている -- あるソフトウェアエンジニア

処理中...