パスワードを忘れた? アカウント作成

北海道夕張市「石炭博物館」で火災発生、坑道にある石炭が燃焼か」記事へのコメント

  • 炭鉱火災と言えば セントラリア [wikipedia.org]では現在まで50年間、リュウファンゴウ炭鉱は130年間燃え続けたというし、いくら廃坑と言っても数日で収まるものなのかなぁ?
    というか夕張でも神通坑ってのが90年間燃え続けているというし。
    自分としては安否不明のまま注水した

    • by Anonymous Coward on 2019年04月23日 18時19分 (#3604231)

      地面より下なら大量の水を注入することで鎮火可能
      ただ、あとでポンプアップしなきゃならないので、それはそれでお金かかります

      地面より上の場合は無理
      坑口を水圧に耐えられる鉄筋コンクリートの栓で密封しても山肌に多数存在する亀裂や古い坑道から水が漏れるため、高い坑道まで水位を上げることができません
      神通坑の様子をテレビで見ましたが、大昔に掘られた図面にも乗っていない古い坑道が多数あると思われます
      あと、地下の石炭を根こそぎとっていく採掘方法は、陥没とはいかないまでも鉱山全体の地盤をわずかに沈下させるため、坑道から地表に至る無数の亀裂が生じ、注水しても水が漏れます
      地下で燃え続けるには酸素が必要になると思いますが、どこかから空気が入ってるんでしょうね

      • by KAMUI (3084) on 2019年04月23日 19時11分 (#3604289) 日記
        鎮火は出来るかも知れないけど、石炭層が一旦熱を持つとそう簡単には温度が下がらないので、水抜いたら再着火ってこともあり得る。
      • by Anonymous Coward

        泡……だと長持ちしない上に充満させ辛いか。
        CO2なりNなりのガスを外気より少し高めの圧で延々注いで窒息消火を待つとかは出来んかな。
        ちょい漏れてても陽圧ならそっから外気が入ることも無いし、
        体積的に水より大量に用意できるから漏れてても流し込める、
        というかむしろ漏れてた方が置換が早く済む。
        軽いので崩落の恐れも低い(陽圧にする時点で無負荷では無いが)。

※ただしPHPを除く -- あるAdmin

処理中...