パスワードを忘れた? アカウント作成

Core iシリーズ品薄の影響で秋葉原自作PCショップでのRyzenの売り上げが増える」記事へのコメント

  • 消費電力 Intel>AMD
    コストパフォーマンス AMD>Intel
    の関係なので、Intel潤沢でもAMD優勢でしょう。

    • by Anonymous Coward

      シングルスレッド性能は Intel>AMD なので、まだIntelかなぁ。
      Zen2で追いつけたら、デスクトップはAMDに変えてもいい。

      自作関係ないけど、モバイルはまだまだIntelですね。
      AMDはCPU自体は省電力なんだけど、マザーボードの部品含めた省電力化が進んでないのでバッテリー持たない。

      • by Anonymous Coward

        AMDのデスクトップPCのチップセットは消費電力多いが、
        AMDのノートPCは、チップセット無し構成が多いのでは?

        • by Anonymous Coward on 2019年05月15日 22時08分 (#3615299)

          そういうことじゃなく、AMDのノートPCは電源ICとかセンサーICとか、液晶コントローラー等の周辺ICの省電力機能が弱いのです。
          それらの単体ICの性能の良し悪しではなく、CPUやチップセット側との連携、OSの側の対応等が理由です。

          最近のノートPCでは、CPUに限らずどんなICでも、どれだけ長く低電力ステートに入れられるか、クロック下げられるかが低電力化の肝になってます。
          これらはCPU、OS、周辺IC単体で成し遂げられるものではなく、全体の連携が重要です。
          なので、電源ICにしても、Intelの第何世代向けのシステム電源とかが開発されて売られてます。
          こういうのは長年の積み重ね、エコシステムの構築が重要なので、1-2年で急に充実させることが難しいのです。

          AMDのCPUを搭載したノートは、長い間まともに製品が無い時期が続いていたのでエコシステムが死んでます。
          ZENシリーズ以降はAMDノートPCも増えてきたので、今後何年かすれば改善していくでしょうね。

目玉の数さえ十分あれば、どんなバグも深刻ではない -- Eric Raymond

処理中...