パスワードを忘れた? アカウント作成

SSDの性質を利用したランサムウェア被害からのデータ復元支援ツール」記事へのコメント

  • って何?

    #非会員で読める部分からはトリムの頻度を抑えるツールに思えた

    • by Anonymous Coward on 2019年06月10日 21時50分 (#3631167)

      ググったらこの論文 [illinois.edu]が元ネタっぽい。
      手法の考案だけでなく、実装し、性能等の検証もしている。

      一言でいえば、SSD用ファームウェアを自作したってこと。
      ・開発したSSD用ファームウェア名:TimeSSD
      ・開発したデータ復元用NVMeホストドライバ用API名:TimeKit。
      ハードウェアは NVMe用 Cosmos+ OpenSSD FPGA 開発キット(ARM Cortex-A9 プロセッサ+1GB DRAM) [flashmemorysummit.com]利用。

      豆知識として、一般的にSSDはFigure.1のような構成で、組込プロセッサや組込RAMがあり、それを動かすファームウェアが載る。
      で、PC本体よりSSDファームウェアが侵害されるリスクは小さいから、うまいことSSDのファームウェアを作れば、ソフトウェアベースの対策より信頼性が増すだろう(firmware-isolated solution)、という意図で研究している様子。以前にも、同じ研究チームがFlashGuardというのを開発しているが、そっちはランサムウェアが暗号化したデータだけを対象にデータを保存しておくもので、SSDの全データを扱うものではなかったようだ。

      構成はFigure.2に、追加したデータ構造はFigure.3に書いてあるが、大元のSSDファームウェアからの変更が最小限になるようにして、Time-Travel Indexという名の過去データの論理アドレスから物理アドレスへの逆変換情報を持ったり、GC対策したり、Bloom Filterというので期限切れデータ管理(Figure.4)をしたりしている云々。
      …詳細は直接資料を読んで下さい。

      • by Anonymous Coward

        訂正:誤)TimeKit→正)TimeKits

コンピュータは旧約聖書の神に似ている、規則は多く、慈悲は無い -- Joseph Campbell

処理中...