パスワードを忘れた? アカウント作成

アイガモ農法の課題解決を目指すアイガモロボ」記事へのコメント

  • by Anonymous Coward on 2019年06月11日 23時26分 (#3631795)

    合鴨農法とか、無(減)農薬栽培とか、すべてが悪とは言わないが省力化・合理化に逆行していることに気づいてほしいですね。
    ブランド化には有効なのは確かですが、品質が良いかと言われればラベルがないとわからないでしょ。

    ここに返信
    • Re:まあ無駄 (スコア:2, 参考になる)

      by Anonymous Coward on 2019年06月11日 23時36分 (#3631802)

      そもそも合鴨農法とか、無(減)農薬栽培とかは合理化や省力化するための農法じゃないですからね。
      JASの有機栽培の規格に適合させるためのものです。ブランド化とはちょっと違うんじゃないですかね。
      で、最近合鴨は管理が大変なのでペーパーマルチが主流になってきているようです。

      • by Anonymous Coward

        ペーパーマルチはお値段が高いので、除草機でやるのも増えてますよ
        中古田植え機を改造するようなの。

    • by Spinnaker (48489) on 2019年06月12日 7時02分 (#3631882) 日記
      減農薬には、農薬を振る人達の健康被害を減少させるという意味もあるのでは。
      昔に比べれば良くなっているのでしょうが、最も農薬の影響を受けるは農家さん [jst.go.jp]だと思います。
      • by Anonymous Coward

        無農薬と減農薬をごっちゃにしてる人いるけど、減農薬そもそもは「規定値以上に農薬使っちゃってコスト高、農業従事者の健康被害、害虫が耐性つけすぎる」等々からの農薬を正しく使い続けるための運動が出発点なんだよ。
        だから減農薬の「減」って使いすぎからの減なんだよね。適正量農薬農法としなかったのは、あまりにも「心配だから指示されてる量より多めにかけとく」が当たり前だったからかなあ。
        源流は無農薬栽培とは全く逆の、農薬を適正に使うところが出発点だったのよ。

      • by Anonymous Coward

        でも農薬に一番過敏なのは、田園地帯に一戸建て立てたサラリーマンの世帯だったりする
        うちの老親はいまでも手ぬぐい一つで散布してる
        もっとも昔のように頭痛や吐き気のする農薬なくなっちゃったということもあるが

    • by Anonymous Coward

      減農薬は正確には適正量農薬と呼ぶべきもので(適正量以下だと意味ない)むしろ合理化なんですよ。
      それに無農薬栽培はその中で省力化合理化を進めていることに気づいてほしいですね。

弘法筆を選ばず、アレゲはキーボードを選ぶ -- アレゲ研究家

処理中...