パスワードを忘れた? アカウント作成

米国で耐震設計が普及しない理由は、大地震の発生頻度が少ないから」記事へのコメント

  • 西海岸は地震が頻発する地域だから結果が違ってきそう

    • サンフランシスコやロサンゼルスのような大都市で重大な被害を与える地震が発生する可能性は、100年から200年に1回あるかないかというレベルだという。

      • by Anonymous Coward

        サンフランシスコでは1903年と1989年に大地震で大きな被害を受けているけどな。
        おかしいな。

        • サンフランシスコは結構地震で手痛い目を見ていると思うのですが、
          連邦議会が東海岸の安定地盤にあるから立法措置をやる気が起きないんでしょうか。

          プレートのど真ん中にいたら、そりゃ地震知らずだわ。
          プレート図 [wikipedia.org]

          北米やヨーロッパとかいくと、それはそれは瀟洒な建築物がたんまりありますが、
          あれ見るたびに地震の無い国は良いよなぁと恨みがましく羨ましくおもいます。

          日本で何百年もかけて大聖堂なんて造ってたら、なんの賽の河原プレイですかという感じ。

吾輩はリファレンスである。名前はまだ無い -- perlの中の人

処理中...