パスワードを忘れた? アカウント作成

JASRAC、HDD内蔵レコーダなど私的録音録画補償金の機種拡大を政府に求める」記事へのコメント

  • by Anonymous Coward on 2019年06月27日 21時56分 (#3641673)

    とりあえずスマホで音楽を録音する人はイメージできないな。
    パワハラの証拠を録音するイメージはあるけど。
    そもそも今時の消費者は自分のデバイスでコンテンツ管理なんかせず、適法なストリーミングサービスか違法なストリーミングサービスで視聴してるだろ。(だからギガが足りないとか言ってるわけで)
    前者なら問題ないし、後者なら配信元をなんとかすべきであって私的録音録画とは関係ない。

    PCを対象というのも今となってはズレていると思う。
    スマホに押されてコンテンツ視聴デバイスとしては主役の座を降りて、今は事務用機器、もしくは開発用機器という感じ。
    USBメモリやクラウドサービス、ストリーミングサービスの普及でほとんどのPCに光学ドライブは搭載されなくなってる。
    一部のPCに内蔵、もしくは接続される光学ドライブに私的録音録画補償金を乗せるかどうかと言う議論ならまだ分かるが、PC自体に乗せるのは現在の使われ方からすると適切とは言えない。

    音楽シェアのスタイルが録音録画物の手渡し、もしくはオンラインでのファイルコピーだった時代は既に終わってて、今はクラウドサービス上でシェアボタンを押すって感じだから、そっちから適切な使用料を取れば済む話では。
    私的録音録画がコンテンツの売上に与える影響はほとんど無いのでは?

    ここに返信
    • >とりあえずスマホで音楽を録音する人はイメージできないな。

      現状、音楽も動画もストリーミングサービスで視聴するのが主流になってると思ってた。
      わざわざlocalストレージに溜めて聞く人は減ってるかどうかわからないけど、増えてない気がする(個人の憶測)。

      なんというかまた悪あがきしてるなぁ、と思ってしまう。
      それが彼らの仕事なんだからやるしかないんだろうけど。

    • by Anonymous Coward

      補償金不要の立場だけど、あえて補償金導入の立場に立つとしたら、
      iPhone等のデバイスに対してiTSで配信される音楽ファイルは現在はDRMが付与されないため、コピーし放題無制限コピー可能の状態にある。(Apple Misic除く)
      そのため、補償金を導入することで、権利者の権利を守ることができる。

      んでもね?
      Apple Music(DRMあり)とiTS(DRMなし)、もっと言うなら他社サービスその他を選べる状態な以上、iTS(DRMなし)での配信を望んでいるのであれば、コピーされることを前提として配信しているわけだから、コピーを許容している=コピーコントロールしていると言える(はず)。
      だからやっぱり、補償金は不要だと思う。

      ストリーミングサービスの一時ファイルに対してはおっしゃる通りかとおもいます。

      • by Anonymous Coward

        iTunes/Storeで配信されている音楽にはFairPlayというDRMがかかってますよ。
        m4aファイルをPCやAndroidスマホへ持っていけば聞けちゃうのは確かですが。

        iPhone同士だと、他の人のapple IDで購入した音楽ファイルを入れると、購入者のapple IDへのログインが求められます。

    • by Anonymous Coward

      そもそも今時の消費者は自分のデバイスでコンテンツ管理なんかせず、適法なストリーミングサービスか違法なストリーミングサービスで視聴してるだろ。(だからギガが足りないとか言ってるわけで)

      将来配信終了(停止)になる恐れがあるのでコピーを保存したいと思うことはあります。
      ストリーミングサービスはいつ視聴できなくなるかわからないのが怖い。
      最近の例だと電気グルーヴとか。

      違法なストリーミングサービスの場合はコンテンツはもちろんサービスそのものさえいつ消えてもおかしくないですし。

身近な人の偉大さは半減する -- あるアレゲ人

処理中...