パスワードを忘れた? アカウント作成

レンズの球面収差を解決する手法が考案される」記事へのコメント

  • by Anonymous Coward on 2019年07月11日 9時18分 (#3649933)

    一般人に身近なものでなんかうれしいことある?
    近眼&老眼の俺が使う眼鏡に革命が起きたりする?

    ここに返信
    • by Anonymous Coward

      すぐには起こらないでしょうけど、「気がついたら当り前になっていた」可能性はありますよね。

      昔、眼鏡を借りてかけたら、モノがグラグラ動いて驚いた。
      今、眼鏡を誂えてかけたら、モノが裸眼同様に安定しているのを見て驚いた。

      • by Anonymous Coward

        > 昔、眼鏡を借りてかけたら、モノがグラグラ動いて驚いた。
        > 今、眼鏡を誂えてかけたら、モノが裸眼同様に安定しているのを見て驚いた。

        脳が補正している可能性も大きいですよ。

        眼鏡を新調(度数を強く)すると、最初は視界がグニャっと歪んで見えたのが、
        一週間もすると平気になったりしました。

    • by Anonymous Coward

      白内障治療のための眼内レンズの加工に応用されたら嬉しい人は多いはず。

      • by Anonymous Coward

        今のでも収差はほとんど気にならないけど

      • by Anonymous Coward

        必要ない。

        カメラで撮る写真とは違って、人の目に映るものは、映る範囲の隅々までピントが合った画像が求められるものではないからだ。
        人の目でフィルムにあたる網膜は解像度が一様ではなく、中心(からちょっとずれた部分)が一番高く、
        そこから離れるに従って解像度は落ちていく。

        例えば文字を読むとき、ある文字に視点を固定したまま、そこから2,3文字離れた位置の文字が何か読み取ろうと試してみれば、
        目の解像度が中心部以外ではどんなに低いものかわかるだろう。

        それで問題はない。なぜなら眼球も顔も動かせるから、高解像度の映像が必要なら、そちらを「見る」だけで済む話だからだ。

        そもそものオリジナルの目がそういう性能なので、眼内レンズにそれを超えるレベルの性能を持たせても意味がない。

ハッカーとクラッカーの違い。大してないと思います -- あるアレゲ

処理中...