パスワードを忘れた? アカウント作成

ロシアがスホーイに第5世代戦闘機Su-57量産型を正式発注、オールフライング双垂直尾翼(傾大)採用」記事へのコメント

  • by Anonymous Coward on 2019年07月11日 17時39分 (#3650250)

    って、なに?

    ここに返信
    • by Anonymous Coward

      見た感じ、二つの垂直尾翼が大きく斜めに傾いてついていて全高が抑えられし、ステルス性も向上。
      もしかしたら斜めになることで離着陸時に水平尾翼との併用。
      垂直尾翼が水平尾翼のように根元から動いて運動性の向上とエアブレーキに使用。

      オールフライングってのが全可動式らしい(なんか違和感あるけど)。

      • by Anonymous Coward

        >オールフライングってのが全可動式らしい

        通常は固定部分と舵部分の2ピース構成だけど、一枚もので構成した
        尾翼全体が動くものを言うみたいですね。

        wikipediaの尾翼 [wikipedia.org]では「全遊動式」との日本語があったけど、
        これまた微妙。

    • by Anonymous Coward

      この場合のオールってのは垂直尾翼の事。
      垂直尾翼ってのは大きく分けると通常、安定板と舵面になって、普通はその舵面を操縦に使うんだけど、今回は垂直尾翼全体を動かして使うって事でしょう。
      既存の機体でオールフライングテールって言うと水平尾翼でそれをやって居る事が多くて、
      今回の目新しいのは垂直尾翼でやって居る事だね。
      ついでに言えば、オールフライング式であっても舵面が別に存在しないってわけでは無いのは、名古屋のエアバス事故とか調べた方には判ってると思われる。

    • by Anonymous Coward

      オールフライングで切ってるからイミフなんだよね

      オールフライングテイルには2つの同義語、オールムービングテイルとスタビレーターがある
      水平尾翼の安定板(stabilizer)と昇降舵(elevator)を合わせたものをスタビレーター(stabilator)と言うことから
      今回のをスタビラダー(stabiladder)と言ったり
      オールムービングテイルからオールムービング垂直尾翼と言うのなら通じるけど、
      オールフライングテイルは「すべてが飛び回るための尾翼(安定化だけのパーツは無い)」って意味だから、
      オールフライング垂直尾翼=「すべてが飛び回るためだけの垂直安定機能のパーツもある(文頭のすべてと矛盾)尾翼」
      になって、こんなざまになる

普通のやつらの下を行け -- バッドノウハウ専門家

処理中...