パスワードを忘れた? アカウント作成

米ビデオゲーム業界は労働に見合う賃金が払われず。都市部家賃がそれを追い打ち」記事へのコメント

  • 日本企業だけが労働者軽視してるみたいなこと言ってるゴミは何なの

    • by Anonymous Coward on 2019年07月11日 17時57分 (#3650264)

      日本のホワイトカラーの生産性が低いのは各種統計からも明らかです。
      高い生産性を持つ日本の自動車産業は国際競争力を持っていますが、特に知的集約度の高いソフトウェア産業で日本は国際競争力がほとんどありません。

      例外的に日本のソフトウェアで国際競争力を持っているのがゲームです。 アメリカのゲーム開発でもこんなだから日本のゲームに競争力があるのか? 日本のゲーム開発現場が酷いからアメリカでもそれに合わせないとコスト負けするのか? 相互に影響を与え合っているのか?

      元々アメリカのプログラマの地位は低くはなかったことから考えると、やりがい搾取的なゲーム開発現場がアメリカでも目に付き始めた、というのが現状でしょう。

      • by Anonymous Coward

        労働集約的なソフトウェア産業を中心に、欧米企業はその作業を賃金の安い国へアウトソースしまくっています。
        ゲーム産業でも同じで、それにより欧米のゲームはビジュアルクオリティと規模の大きさを両立してきました。

        ところが昨今は新興国の賃金上昇が進んでいたり、
        グラフィックのリアル化が進んで実物の3Dスキャンが必要になったりしています。

        これらにより新興国へのアウトソースに頼っていた欧米企業は窮地に陥ることに…
        …なっているかは知りませんが、何かしらの影響はあるんじゃないですかね?

      • by Anonymous Coward

        ×例外的に日本のソフトウェアで国際競争力を持っているのがゲーム
        〇例外的に日本のソフトウェアで国際競争力を持っていのがゲーム

        既に過去の話です。
        日本のソフトウェア産業の競争力の無さに引っ張られて、ゲームも死亡。

        日本のソフト業界は、ハード業界がどうやって競争力を保ってるのか見習った方がいいと思うな。
        ソフト業界は生産性の低さを個人の技術力や賃金の問題に矮小化して、全体最適を考えてない。

      • by Anonymous Coward

        ホワイトカラーのブラック労働はむしろ日本が本家で他が真似したってところだな。諸外国にあった奴隷制は人権問題でナチス並の禁忌事項になっていたのに、「人道的に薄給で死ぬまで働かせる」手腕を編み出した日本の社畜制度は革命的。

        あと、西欧やアメリカって「専門職」は一定の敬意を払われるポジションなのでコスト要員として考えたら経営上は無駄なコスト。
        そこをやはりホワイトカラー含む専門職まで「人道的に奴隷化する」手法は世界中の経営者にとってはコロンブスの卵みたいなもの。

「科学者は100%安全だと保証できないものは動かしてはならない」、科学者「えっ」、プログラマ「えっ」

処理中...