パスワードを忘れた? アカウント作成

遮熱性舗装は路面温度を下げる一方、路面から2mほどの空間の気温は上がる場合がある」記事へのコメント

  • 空気が光を直接吸収する割合はわずかです。10km通ってきても少ししかありません。
    https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E6%B0%97%E3%81%AE%E7%AA%93 [wikipedia.org]
    反射光が増えても,路面温度が下がれば気温が下がると思います。
    道での反射光が機器に当たって,観測値が高くなっているのではないでしょうか。
    もちろん,選手が熱くなることには変わりありませんが。

    • by Anonymous Coward on 2019年08月14日 19時37分 (#3669140)

      空気が光を直接吸収する割合はわずかです。10km通ってきても少ししかありません。

      疑問はもっともです。

      私も読み返すまで、可視光範囲(太陽光エネルギーの大部分)の波長域を反射させていると思っていました。
      「そんな地面を光らせて、大丈夫なの?」とも。

      >遮熱性舗装は路面に特殊な塗料を塗ることで赤外線を反射し、路面温度の上昇を抑える。

      えっ…… 温室効果のメカニズムとか、知らない人が設計したの、これ…orz
      こんなん地上において、地表付近が湿っていたら(赤外線を吸収しやすく、下方に再放射する)、フィードバックでどんどん熱くなるやないか…
      天然のビニールハウスやでこれ……殺す気か!?

      • by Anonymous Coward

        反射した赤外線のうち、地表近くの大気に吸収されるのは誤差みたいなもんだろ
        地面に鏡を広げて反射率をもっと上げたらフィードバックでどんどん気温が上がるのか?

        • by Anonymous Coward

          可視光と赤外線は違うって最初に言ってるだろ理科の教科書から読み直せよ

          #喧嘩腰の○○にはそれ相当の言葉使い

          • by Anonymous Coward

            地上2mくらいまでで何%の赤外線が吸収されるか教科書のどこに書いてあるか示せるもんなら示してみろよ

            それから地面に鏡を置いて赤外線の反射率を高めたら気温が上がるかどうかについての見解もよろしく

「毎々お世話になっております。仕様書を頂きたく。」「拝承」 -- ある会社の日常

処理中...