パスワードを忘れた? アカウント作成

ふるさと納税返礼品のドライブレコーダー、今年度に入って人気急上昇」記事へのコメント

  • 自事故以外の記録という面でも有用な面もあるから限定させすぎるのもあれだけれど、
    自事故に限って言えば事故の前後1分があれば十分だと思う。
    そういう用途ならramに記録して、事故検出後に不揮発に書き出す小さなバッテリーと、耐久性を気にしなくて良いストレージが使えると思うんだよね。

    ドライブレコーダーが潰れてしまうような事故では記録がされないだろうけれど、そのような場合には現状でもストレージも壊れて読み出せないだろうし。

    • > 事故検出後に不揮発に書き出す小さなバッテリー

      これ、信頼性の観点からは悪手でしょう。

      今時の常時録画タイプのドライブレコーダーは、車体からの電源供給開始で録画開始、供給断で録画終了となっていますので、「電源供給断からしばらくは内蔵電源で動作して録画終了処理を行う」必要があります。

      で、私が以前使っていたドライブレコーダーはバッテリー内蔵タイプでしたが、バッテリーが死んで、電源供給がなくなったら即電源が落ちるようになり、「そのとき録画中のファイルは壊れる」 [srad.jp]という症状が出るようになってしまいました。
      時々録画内容は確認していたのですが、「一定時間ごとに録画ファイルを切り替え」るうちの、最後のファイル以外は録画できてるので、気づくのが遅れました…。

      あと、ユピテルのドライブレコーダーでは、バッテリーが発煙・発火の恐れがある、ということで製品回収 [hardware.srad.jp]になっており、現行ラインナップからはバッテリー内蔵モデルが消えています。
      (電気二重層コンデンサか何かを積んで、「電源供給が無くなってから、1~2秒後に電源が切れる」ような動作になってます)

      録画終了処理だけっレベルなのでこれでなんとかなるでしょうけど、
      録画ファイルをまるごとRAMからフラッシュメモリに書き出すのは、
      電気二重層コンデンサ程度ではちょっと厳しいと思う…

      • by Anonymous Coward

        リチウムイオン電池は車内の高温に耐えられないらしく、私の先代のドライブレコーダーが膨張してホルダーから外れて身投げしてしまったので、今回は電気二重層コンデンサタイプにしました。

私は悩みをリストアップし始めたが、そのあまりの長さにいやけがさし、何も考えないことにした。-- Robert C. Pike

処理中...