パスワードを忘れた? アカウント作成

イギリス、新築住宅すべてに電気自動車の充電ポスト設置を義務化」記事へのコメント

  • 住宅流通戸数のうち中古住宅が占める割合は日本では30%台であるの対して
    イギリスは90%近くで、新築住宅はあまり作られない。
    イギリスの国土は硬い岩盤の上にあって、地震も台風もないので家は長持ちする。
    エジンバラには旧市街と新市街があるのが新がどれくらい新しいかというと
    150~200年前だそうだ。そのくらい古い。
    イギリス人も訪れる観光地のストウ・オン・ザ・ウォルドなんかには壁に17世紀に
    出来たことを示す1698年なんて掘り込みがあったりする。
    日本の住宅寿命は26年に対して、イギリスの住宅寿命は75年とされている。
    要するに、新築住宅が建つことはあまりない。
    • by Anonymous Coward on 2019年09月09日 16時58分 (#3682783)

      逆にいうとイギリスでEVの普及は絶望的ってこと?

      • by Anonymous Coward

        逆かも。
        設備投資すればその分販売価格にも載せられるから、便利かどうかを考えて設備は用意すれば良い。
        日本みたいに「20年経てば上物の価値はゼロ」ってのとはちょっと違う。

アレゲは一日にしてならず -- アレゲ見習い

処理中...