パスワードを忘れた? アカウント作成

脳波を使ったタイピング、スマートフォンでの平均的な入力速度を上回る」記事へのコメント

  • スラドのタレコミ,および日本語の記事はかなりミスリードな内容になっています.鵜呑みにしない方が良いです

    例えば china daily の英語記事には
    - 優勝者は漢字(Chinese characters)を一分間に69文字入力できた
    - 普通の人だと漢字20文字程度
    と解りやすく数値が書いてあります.
    http://www.chinadaily.com.cn/a/201908/26/WS5d63b5f7a310cf3e35567ef9.html [chinadaily.com.cn]

    伝統的にこの手のインタフェースは,性能を単位 bps に換算して議論します.
    事情を知らない人は「1分あたり691.55バイト」と書かれてもなんのことやらさっぱり理解できないでしょう.

    次に技術的な話をすると,これは脳波を使ったスペラー(speller)と呼ばれる技術です.

    • by Anonymous Coward

      自分が以前(10年以上前)見たときは、アルファベットが並んだパネルが被験者の前においてあって、
      被験者は自分が思う文字を凝視する。アルファベットが順番に点灯していって、
      被験者が考えている文字が明るくなったときに被験者の脳波にP300の反応が出るので、
      それで被験者が意識している文字がわかる、という仕組みだった。

      でも、順番に明るくしていくこの方法じゃ精々数秒~数十秒に1文字しか入力できないだろう、
      なんか別の方法か?と思ったら、 上のビデオ [youtube.com]を見ると、検出方

      • by Anonymous Coward on 2019年09月10日 12時48分 (#3683398)

        文字の点滅のタイミングが脳波に現れるので

        まさしく、そういうことができるのが外部刺激に誘発される電位であるSSVEPの特長なんですよね。内因性のP300だとこうはいかない。

        というわけなので、実は「検出方法の基本となる原理」が同じとは言えないかも。

吾輩はリファレンスである。名前はまだ無い -- perlの中の人

処理中...