パスワードを忘れた? アカウント作成

千葉県の日本最大の水上メガソーラー、台風の強風によって火災が発生」記事へのコメント

  • >太陽発電が広がるにつれ、災害時のリスクも懸念されるようになってきたが、どうなのだろうか?

    鬼怒川の氾濫がそうなんだっけ。
    デマという話も出てたし、結局どうなったんだろう。

    大規模設備はなにかあると影響もでかいから災害対策も重要そう。

    • Re: (スコア:5, 興味深い)

      by Anonymous Coward

      というか、迅速に普及を進めるためとか言って太陽光発電は建築基準とかがクッソ緩いんですよ
      これを厳しく設定しようとしたら建築コストが増えすぎて太陽光発電なんてやれない!みたいな話になってて
      この世の地獄感がすごいんですよね

      大体の太陽光発電設備は基礎打ちもしないでコンクリの土台の上に鉄筋載せて太陽光パネル置いただけとかそういうレベルですよ

      • by Anonymous Coward on 2019年09月11日 12時56分 (#3684157)

        出力平滑化の為の充放電設備とセットじゃないと主要電力になりようが無いのに、
        そのへん放置して安全も軽視して支援して何がしたいのか…意味がわからないよ。
        システムとして未完成な品にいくら量産や普及による効果を期待しても無意味だろうに。

        まともな志をを抱いていたら欠陥含みの支援の波に本格的に乗るのは不味いと気付いて二の足を踏む筈。
        つまり、太陽光発電業界にまともな業者はほぼ居ない。

アレゲは一日にしてならず -- アレゲ見習い

処理中...