パスワードを忘れた? アカウント作成

M.2 SSDではフラッシュメモリ部とコントローラ部でヒートシンクを分けた方が良い?」記事へのコメント

  • 常にストレージに負荷をかけ続けないのなら、ヒートシンクは無用の長物であって付けるべきではない。

    長時間動作温度範囲を超えないのなら発熱は問題なく、速度の低下を感じないのならヒートシンクはまったく必要なし。

    • まぁ、アレニウス則がありますから、冷却はきちんとしたほうがいいです。ただし、売っているヒートシンクはテープで付けるだけなので、落ちて他の部品を巻き込んで壊しそうですね。熱伝導接着剤で固めてしまうつもりなら問題ないでしょう。

      #私はそこまでする気はなかったので、インシュロックタイで二箇所縛っています。見てくれがよろしくない。

      • by Anonymous Coward

        普通の接着剤使ってるわ。熱伝導接着剤って意味あんのかなw

      • by Anonymous Coward

        無名メーカーの安いヒートシンク買ったら粘着性のテープで止めるタイプだった。
        全然冷えないからおかしいと思ったら、普通の両面テープで全く熱伝導性が無いものだった。
        まともな熱伝導性の両面テープに変えたら普通に冷えましたが。

      • by Anonymous Coward

        書き込み時は熱いほうがよいのです。
        一般ユーザーは何百GB単位のシーケンシャル書き込みや何十GB単位のランダム書き込みを連続して行いません。(この連続というのが重要です。)

        書き込んだときにNANDフラッシュを熱くさせるためにはヒートシンクを付けてはいけないのです。
        そしてアイドル状態に戻ったSSDはすぐに室温またはPC内部の温度に戻ります。

        ご自身のワークロードにSSDがついてこれないならともかく、寿命の延長や経年劣化を抑制するためにヒートシンクを付けるのは間違っています。

人生unstable -- あるハッカー

処理中...