パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

プラスチック系の化学繊維を使ったティーバッグからは大量のマイクロプラスチックが出る」記事へのコメント

  • 商売の動きからすれば何を今更な話でしょうよ

    # いや、研究が進んで害が明確になれば生分解性ティーバッグの価値があがるから
    # 業界からはもっとやれって感じなのかな

    • by Anonymous Coward

      生分解性って人体が分解できるっていう意味じゃないんでは

      • 生分解性って人体が分解できるっていう意味じゃないんでは

        確かに体内での分解については、そういうことを目指している素材は一部ですね……

        人体が分解されるときに、環境に負荷を与えないように分解されますよということで
        「あなたが(死んだ後)、環境に与える負荷を軽減します」という売りにしてごまかしますか。

        親コメント
        • 不勉強でしたが、グンゼ社が医療用の吸収性縫合糸を国内で初めて製造したそうですよ。
          分解吸収というとこのようなイメージでしょうか。
          https://www.gunze.co.jp/products/medical/index.html [gunze.co.jp]

          口から入ったプラスティック繊維は安定そうだから、腸管にブスブス刺さるのかな。
          分解できないし、抜けないし、となりそう。
          元々、腸管上皮は生え変わりの早い組織だから、はがれて細胞ごと排出しちゃうんじゃないかなぁ、と。
          http://www.brh.co.jp/seimeishi/journal/088/research/2.html [brh.co.jp]

          個人的には、ティーバッグから「ちっちゃなプラスティック片」が沢山出てますよ、と言われても、そりゃそうでしょう、としか思えないです。

          親コメント
        • by Anonymous Coward
          土葬前提?
        • by Anonymous Coward

          マイクロプラスチックは、人体には吸収されず
          消化管壁にへばりつく(さながら下水管にへばりつく油脂のように)か、

          便に混じって排出される(そして大海に)と思っていたのですが、
          人体に蓄えられるのでしょうか?

          • by Anonymous Coward

            人間のマイクロプラスチック「摂取」の一番の問題は、くっ付いて来たベンゼンなどの有害物質を体内で吸収してしまうこと
            ティーバッグの中に有害物質がないなら問題ない
            液体中だから肺に行くこともない

          • by Anonymous Coward

            >便に混じって排出される(そして大海に)

            排出後は一応浄化槽なり下水処理設備なりでろ過されるんじゃないのかなぁ
            #ろ過されたものは汚泥として埋め立て処理?
            ろ過しきれなかった部分のみが海洋へ行くけど、その比率は・・・????

            • by Anonymous Coward

              東京湾にはダダ漏れ。

              • by Anonymous Coward

                「ダダ漏れのときもある」では?

                雨水が多くて処理しきれないときは、未処理のまま流すときもある・・・だったような。
                #頻度はわからんけど

      • by Anonymous Coward

        それどころか生分解性でも専用の施設で処分しないと汚染に対しては無意味という

        言葉から誤解してる人が多いけど、生分解性だからといって簡単に無害な物質に分解されるわけじゃない
        細かくバラされるだけ(マイクロプラスチックになるだけ)だったり、アホみたいに長い時間が必要だったり
        ペットボトルのリサイクルみたいに上辺だけで環境にやさしいと誤解されているパターン

一つのことを行い、またそれをうまくやるプログラムを書け -- Malcolm Douglas McIlroy

処理中...