パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

未発見の太陽系9番目の惑星はブラックホールかもしれない、という説」記事へのコメント

  • SF小説の「マッカンドリュー航宙記」の「太陽系の周辺部にはマイクロ・ブラックホールや縮退物質がワンサカ有って、マイクロ・ブラックホールが動力源にした宇宙船が太陽系内で運用されてる」って設定だ!!!!

    • by Anonymous Coward

      ラリィ・ニーヴンの「太陽系辺境空域」で、電荷を与えて持ち運びできるようにした
      ブラックホールを兵器として使用してた奴だ。

      通常の意味では探知できないし、無敵のゼネラルプロダクツ製の船殻は傷一つなくても、
      肝心の中味の方は重力崩壊して船殻内で原子レベルまでペシャンコになるという優れもの。

      • by Anonymous Coward

        1970年代にはブラックホールブームがあったようで、ヴァーリイとか石原藤夫とかもSF小説を書いた
        1979年にはディズニーの大作映画「ブラックホール」が作られた
        1982年になると、トム笠原「コスモス・エンド」が週刊少年ジャンプで連載された
        これは本格的なSFだったが、「降着円盤をたぶん世界で初めてビジュアル化した」らしい

        SFとは関係ないが、ワニの本から1977年に「地球の中の怪談ブラックホール」という佐藤有文のオカルト本が出ている
        これはテレビ番組になった
        これが当たったので、Hommes et civilisations fantastiques(1970)というオカルト本が訳されて大陸書房から1978年に「地球の中のブラックホール」という題で出ている

        かなり裾野の広いブームだったようだ

        • by Anonymous Coward

          星野之宣の2001年夜物語を忘れないであげて

          • by Anonymous Coward

            石原藤夫が表紙を叩いてたやつだな
            ロケットの噴射の向きが違う、まんがの通りならステーションに体当たりするミサイルだ、というやつ

            • by Anonymous Coward

              あと、レーダーだか通信だかの電磁波で対消滅が起きて周辺の小物体が弾き飛ばされるって描写も
              ありましたなぁ(笑)
              #電磁波は光子だから対消滅は起きない、電子かなんかと勘違いしてたらしい。

              • by Anonymous Coward on 2019年10月02日 15時04分 (#3695020)

                まんがは石原の小説よりおもしろいので、理系大学院生あたりをアドバイザーにつければよかったのにと残念だ

                親コメント

最初のバージョンは常に打ち捨てられる。

処理中...